スポンサーリンク

高速道路での遅い車との向き合い方とは?!

一般道・高速道路

のっぴーです。

今回は、「高速道路での遅い車との向き合い方」について、お話しして参ります。

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。これは、地球約1.5周分の長さになります。

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

高速道路は、信号がなく速い速度で走行ができることから、快適さと便利さをかねそなえた道路で、主に車での長距離移動に使用されています。

 

高速道路のネットワークが広がったこともあり、以前とくらべて高速道路を利用するかたが格段に増えており、さまざまな方々が高速道路を走行するようになってきました。

 

 

そうすると、マナーのあまりよろしくない車もちらほらと現れるように、あきらかにルール違反だったり他人に対して迷惑だったりするのは、困りものですが、なかにはなんとももどかしい感じのマナー違反もあったりします。

 

高速道路であきらかに速度の遅い車が走行しているのもその1つで、ルール違反ではないものの、交通の流れが乱れる原因にはなりますし、第一通常の速度で走行している車にとってはストレスになることも多いです。

 

 

 

のっぴー
のっぴー

今回は、そのような高速道路で遅い車にであった際の向き合い方についてお話ししていきます。

 

高速道路走行の際に活用してみてください。

 

 

 

 

高速道路での遅い車との向き合い方とは?!

高速道路では、車の形や大きさの違う車が走行しています。

小さいものだと軽自動車から大きいものだと大型トレーラーまで、その種類は数えきれないほどです。

 

また、運転の性格も人それぞれですし、その人がおかれている状況、特に時間の余裕さによっても運転のスタイルが変わってくるものです。

 

 

そのため、高速道路を走行しているとあきらかに速度が遅い車がいるのも、のんびり走行したいその人の性格と時間の余裕さから成り立っています。

 

まずは、高速道路には遅い車もいることを受け入れて、遅い車とどのように向き合って高速道路を上手に走行するかをかんがえていくことにしましょう。

 

ポイントはこちらです・・・

・いろいろな性格や事情を持った人が運転していることを考慮する
・前方に遅い車がいたからといって、無理に車間をつめたりしない
・追越車線を有効活用しましょう。

 

速度が遅い車のことを受け入れつつ、上手に向き合っていくことで、みなさんが快適にそして楽しく高速道路を利用できる環境をつくっていきましょう。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく説明をします。

 

 

 

いろいろな性格や事情を持った人が運転していることを考慮する

先ほどもお伝えしたとおり、高速道路を利用される方は、いろいろな性格を持っていますし、さまざまな事情を抱えております。

まずは、そのことを認識して考慮することが大切です。

 

高速道路を走行していると、ほんとにおもしろいもので、あからさまにかっとばしている危険性の高い車もいれば、安全第一でゆっくりのんびり走行している車もいます。

ただ、両方とも同じ車には変わりありません。

 

 

運転のスタイルも人それぞれのため、あきらかに危ななかったり人様に迷惑がかかる行為だったりするのはよろしくありませんが、高速道路で速度が遅い車は安全意識が高いということの裏返しになるので、そこでイライラしてプレッシャーを与えてしまうと、かえって危ない状況になりやすくなります。

 

「こういう運転をする人もいるよね~」くらいの気持ちで温かい目でみるくらいが、ご自身にとっても、より安全かつ安心して運転をすることができます。

 

 

行動が理解できない車が多いときもありますが、あまりイライラせず心の余裕を持って運転操作をしていくとと、何事も受け入れていく心の広さが運転には求められるのです。

 

・高速道路を利用される方は、いろいろな性格を持っていますし、さまざまな事情を抱えております。
・「こういう運転をする人もいるよね~」くらいの気持ちで温かい目でみるくらいが、ご自身にとっても、より安全かつ安心して運転をすることができます。
・何事も受け入れていく心の広さが運転には求められるのです。

 

 

 

前方に遅い車がいたからといって、無理に車間をつめたりしない

前の方に速度の遅い車がいると、「早くいけよ!」というイライラした気持ちになり、前車との車間距離をつめて、前車にプレッシャーを与えてしまいがちです。

 

しかし、プレッシャーを与えてしまうと、前の車も慌てしまいますし、もし前の車がイレギュラーな行動をとった際に、対応する距離と時間がなくなってしまい、危険な目にさらすことになります。

 

 

仮に高速道路で前方に速度の遅い車がいたとしても、無理に車間距離をつめずに一定の距離感を保つようにするのがおすすめです。

1つの目安として、相手が不快に思わないくらいは余裕のある車間距離をとれるといいでしょう。

 

車間距離をつめたところで、速度の遅い車はマイペースで走行していることが多いため、正直大した効果が得られないのも事実で、かえって危険性が高まるだけのため、無意味なケースが多いです。

 

 

また、昨今はあおり運転が全国的に問題となっていて、車間距離を必要以上につめて走行し続けていると、あおり運転になることもありますので、気をつけて車間距離と速度調整をするように心がけましょう。

 

・前車へプレッシャーを与えてしまうと、前の車も慌てしまいますし、危険な目にさらすことになります。
・仮に高速道路で前方に速度の遅い車がいたとしても、無理に車間距離をつめずに一定の距離感を保つようにするのがおすすめです。
・車間距離を必要以上につめて走行し続けていると、あおり運転になることもありますので、気をつけて車間距離と速度調整をするように心がけましょう。

 

 

 

追越車線を有効活用しましょう。

高速道路では、片側2車線以上のところが多いです。

日本の高速道路では約7割の区間が片側2車線以上の車線が確保されています。

 

片側2車線以上の場合、一番右側の車線が前の車を追い越すために使用する追越車線となり、それ以外の車線は通常走行時に使用する走行車線となります。

 

 

前方に速度の遅い車がいた場合は、追越車線を有効的に利用して抜くことで、お互いにストレスがかかることなく、高速道路を走行し続けることができます。

 

追越車線を利用する際は、しっかり前車との車間距離をたもち、車線変更する車線の安全をしっかり確認したうえで車線変更して利用しましょう。

その後前車を追い越して、しばらくそのまま走行して、車間距離を広めにとれたタイミングで走行車線に戻るようにすると、安全に運転することが可能です。

 

 

遅い車へ考慮しつつ、とはいえずっと後ろを走行しているのはご自身のストレスとなり運転への悪影響もでますので、追越車線を適時利用して、ストレスフリーで楽しい高速道路の運転をめざしましょう。

 

・片側2車線以上の場合、一番右側の車線が前の車を追い越すために使用する追越車線となり、それ以外の車線は通常走行時に使用する走行車線となります。
・前方に速度の遅い車がいた場合は、追越車線を有効的に利用して抜くことで、お互いにストレスがかかることなく、高速道路を走行し続けることができます。
・追越車線を適時利用して、ストレスフリーで楽しい高速道路の運転をめざしましょう。

 

 

 

さいごに

高速道路にはさまざまな種類の車が走行していて、さまざまな性格や事情をもった方々が走行しています。

道路は共有のものなので、思いやりや配慮をもって運転する必要があります。

 

たしかに、せっかくの高速道路なのに、あからさまに速度が遅すぎる車を前方に見かけると、イライラする気持ちもわかりますが、そこは冷静にお互いにとって気持ちよく運転できる手段を探すことが大事になります。

 

 

最近では、遅い車向けの登坂車線やゆずり車線というものも増えてきており、高速道路を管轄するNEXCO様のより、みなさんがよりよく高速道路を利用できる対策がとられています。

 

ぜひ、高速道路の設備や設置物を上手に利用しながら、一緒に走行している車とともに走行している気持ちを忘れずに、高速道路での運転を満喫していきましょう。

 

 

あらためて、高速道路での遅い車への向き合い方のおさらいです・・・

・いろいろな性格や事情を持った人が運転していることを考慮する
・前方に遅い車がいたからといって、無理に車間をつめたりしない
・追越車線を有効活用しましょう。

 

速度の遅い車にプレッシャーを与えることなく、お互いが気持ちよく走行できるように思いやりと配慮のある運転をよろしくおねがいします。

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転についてさまざまな情報をお届けします。よろしくおねがいします。

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

一般道・高速道路
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の35歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました