ウォータースポット除去剤のおすすめの選び方とは?!

メンテナンス・トラブル対処

のっぴーです。

今回は、「ウォータースポット除去剤のおすすめの選び方」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

車の天敵の1つといえるのが雨です。

雨は、運転中の視界が悪くなるだけでなく、車自体が汚れてしまうため、とても厄介だといえます。

せっかく車をキレイに手入れしたのに、雨ですぐ汚くなるなんてこともあります。

 

雨による汚れはかなりガンコで、もし汚れてしまったら、通常は車を水洗いすれば落ちるのですが、水洗いでもシャンプーをしてもまったく落ちず、水滴やウロコのようなものが残ってしまう場合はあります。

 

 

これがウォータースポットとか水アカと呼ばれるものになり、車の手入れをするうえでとても苦労するものになります。

ウォータースポットは、通常の洗車でも洗車グッズを使っても完全には落ちないため、悩まされている方も多いのではないでしょうか。

 

実はウォータースポットをとるためには、ウォータースポット除去剤という、専用の除去剤を使うことがおすすめなんです。

ウォータースポット除去剤を使えば、いままで落ちなかったガンコなウォータースポットでも、しっかりとれて、車をキレイな状態に戻すことができます。

 

 

最近では、カー用品店をはじめさまざまな種類のウォータースポットが販売されるようになりました。

いろいろありすぎて、正直どれを買えばいいのか、迷ってしまうかもしれません。

 

 

のっぴー
のっぴー

そこで今回、おすすめのウォータースポット除去剤の選び方をお話ししていきます。

 

ぜひ、ウォータースポット除去剤を購入する際の、参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

ウォータースポット除去剤のおすすめの選び方とは?!

最近のウォータースポット除去剤は、さまざまなタイプのものが販売されていて、使い方や落とし方も実に多種多様になっております。

 

また、単純にウォータースポットを落とすだけでなく、追加効果がある商品もいくつかでてきており、追加効果を基準にして選ぶ方もいらっしゃいます。

 

 

車を長い間のるためには、車をなるべくキレイでいい状態をたもつことは大事になります。

そのためには、ガンコなウォータースポットをとるためには、専用の除去剤を使ってしっかり落とす必要があります。

 

ぜひ、ご自身の目的や用途にあったウォータースポット除去剤を選べるように、今回のお話しをぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

ウォータースポット除去剤を選ぶポイントがこちらです・・・

・しっかりとれる
・対応範囲が広い
・使いやすい
・追加効果がある
・ふき取りが楽

 

ウォータースポット除去剤は、商品によって使い方や落とし方や効果に大きな違いがあるため、選ぶ際はしっかり考えて決められることがおすすめです。

 

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく説明をしていきます。

「カーワックスのおすすめの選び方」や「ミラー型ドライブレコーダーのおすすめの選び方」についての記事も、ぜひご覧ください。

カーワックスのおすすめの選び方とは?!
カーワックスは、車を長い間いい状態でたもつためには必要な道具になります。そんなカーワックスの選び方のポイントがいくつかありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。
ミラー型ドライブレコーダーのおすすめの選び方とは?!
最近、ミラー型ドライブレコーダーが人気を集めており、さまざまな商品が販売されるようになりました。今回は、ミラー型ドライブレコーダーを選ぶ際のポイントをいくつかお話しします。

 

 

 

しっかりとれる

ウォータースポット除去剤で一番大事な要素が、とにかくウォータースポットがしっかりとれることです。

どんなにガンコなウォータースポットでもキレイにとれるかどうかはかなり重要になります。

 

最近は、車を痛めないで強力な効果を発揮する成分を含んだウォータースポット除去剤が、次々と登場してきました。

そのため、手軽にウォータースポットをとれるため、かなり有効性のある商品になります。

 

 

ウォータースポットは、一度ついてしまうと通常の洗車ではなかなか落とせず、シャンプーをしてもワックスをかけても、なかなか落ちないので、かなり苦労します。

 

しかも、そのままにしておくとあまりみばえがよくなく、キレイな状態で車をたもちたい人にとっては、まさに天敵となります。

 

 

そんな、なかなか落ちないガンコなウォータースポット除去には専用のウォータースポット除去剤が効果的です。

しっかりした商品を選べば、ほんとに楽にウォータースポットをとることができます。

 

しかも、車を痛めないでキレイな状態にもしてくれるものもありますので、ぜひしっかり落とせる成分が入っていることを第一に、車への影響を考えて、選ぶことをおすすめします。

 

・ウォータースポット除去剤で一番大事な要素が、とにかくウォータースポットがしっかりとれることです。
・最近は、車を痛めないで強力な効果を発揮する成分を含んだウォータースポット除去剤が、次々と登場してきました。
・しっかり落とせる成分が入っていることを第一に、車への影響を考えて、選ぶことをおすすめします。

 

 

対応範囲が広い

ウォータースポットは、車のあらゆるところに付着します。主なところでは・・・

 

・ボディ
・ガラス
・ホイール

 

こちらの3ヵ所になります。

 

3ヵ所とも使われている材質が異なるため、手入れする際は別々のタオルなどを使用するのが望ましいとされており、ウォータースポット除去剤についても、対応している場所が商品によってまちまちです。

 

 

できれば、3ヵ所同時に手入れできたら非常に楽ではないでしょうか。

実は、ウォータースポット除去剤には3ヵ所すべてに対応している商品があるのです。

 

対応範囲が広い商品なら、その商品だけで車全体のすみずみまでウォータースポットを除去できて、とても効率的に車をキレイな状態にすることができます。

 

 

あまり時間をかけたくない方や、なるべく洗車グッズや荷物を減らしたいという方は、ぜひ対応している範囲が広いウォータースポット除去剤を選ぶようにしましょう。

 

・ウォータースポットは、車のあらゆるところに付着します。
・実は、ウォータースポット除去剤にはボディ・ガラス・ホイールすべてに対応している商品があるのです。
・あまり時間をかけたくない方や、なるべく洗車グッズや荷物を減らしたいという方は、ぜひ対応している範囲が広いウォータースポット除去剤を選ぶようにしましょう。

 

 

 

使いやすい

ウォータースポット除去剤には、いろいろなタイプのものがあります。

スプレータイプのものから、ぬるタイプのものもあれば、シャンプーしながら落とすタイプなんかもあります。

 

タイプによって使い方も違いますし、使いやすさにも違いがあります。

はじめてウォータースポット除去剤を使う方にとっては、使いやすさはかなり重視したいところです。

 

 

基本的には、スプレータイプはスプレーしてふくだけでウォータースポットがとれるので、使いやすく設計がされています。

最近は、スプレータイプの商品が増えてきました。

 

ただ、ぬるタイプやシャンプータイプもだんだん使いやすさが向上してきていて、スプレータイプよりも、しっかり落としてくれる商品なんかもありますので、みのがせません。

 

 

ウォータースポット除去剤を購入する際は、使用方法をみて、ご自身が使いやすそうだと感じるものを選ぶといいでしょう。

もし、わからなかったら店員さんにアドバイスを伺うのも有効です。

 

・ウォータースポット除去剤は、タイプによって使い方も違いますし、使いやすさにも違いがあります。
・最近は、スプレータイプの商品が増えてきました。そして、ぬるタイプやシャンプータイプもだんだん使いやすさが向上してきていて、みのがせません。
・ウォータースポット除去剤を購入する際は、使用方法をみて、ご自身が使いやすそうだと感じるものを選ぶといいでしょう。

 

 

 

追加効果がある

最近のウォータースポット除去剤は、単にウォータースポットを取りのぞくだけでなく、プラスの追加効果がでるものも、続々と登場してきました。

 

車の手入れは、ウォータースポットを除去する以外にも、いろいろとしなければいけないことがありますので、追加効果があるものだと、手入れが一緒にできるのでかなり手間がはぶけます。

 

 

具体的には、

 

・コンパウンドの効果がある
・ワックスがかかる
・シャンプー洗車できる

 

などの追加効果がでる商品が販売されていて、ご自身のニーズにあわせて選ぶことができます。

 

私も、ワックス効果のあるウォータースポット除去剤を愛用しておりますが、ウォータースポットをしっかり落としてくれるだけでなく、ワックスも通常のワックス剤にひけをとらないくらいにかかってくれるので、とても気に入って使用しております。

 

 

人によって、手入れのしかたや重視したい点は異なりますので、追加効果の優先度が高い商品から選ぶのもおすすめになります。

なかには、追加効果がかなり効果の高い商品もあるため重要です。

 

・単にウォータースポットを取りのぞくだけでなく、プラスの追加効果がでるものも、続々と登場してきました。
・追加効果があるものだと、手入れが一緒にできるのでかなり手間がはぶけます。
・人によって、手入れのしかたや重視したい点は異なりますので、追加効果の優先度が高い商品から選ぶのもおすすめになります。

 

 

ふき取りが楽

ウォータースポット除去剤も、基本的には使用したあとはふき取りが必要になります。

このふき取りが、苦労したり労力が必要な作業だったりします。

 

カーワックスをぬるときも同様ですが、車を一周してぬったあとに、さらに一周してふき取りしないといけないため、精神力と体力が奪われることになります。

 

 

なかにはふき取りがしづらいものや、ふき取りしても、あとで粉が浮きでてくるものなんかもありますので、そうなるとかなり厄介です。

 

ウォータースポット除去剤を選ぶ際は、ふき取りしやすさにも注目するといいでしょう。

しっかり落としてくれて、ふき取りもしやすいとなると、利便性も高くなるため、使いやすいしまた使いたいとなります。

 

 

商品の説明のところや商品レビューにふき取りのしやすさが記載されていますので、ぜひウォータースポット除去剤を購入の際はチェックしてみましょう。

 

・ウォータースポット除去剤も、基本的には使用したあとはふき取りが必要になります。
・しっかり落としてくれて、ふき取りもしやすいとなると、利便性も高くなるため、使いやすいしまた使いたいとなります。
・商品の説明のところや商品レビューにふき取りのしやすさが記載されていますので、チェックしてみましょう。

 

 

 

さいごに

車の天敵であるウォータースポット。そんなウォータースポットも、かんたんにキレイに落とせる時代となりました。

ほんとに車関係やカー用品関係に携わる方々の研究と努力には、頭が下がります。

 

そんなわけで、さまざまなウォータースポット除去剤が販売されており、自分たちが車の手入れをすることへのハードルがだんだんと下がってきました。

 

 

車を長いことすばらしい状況で乗るためには、日ごろのメンテナンスはとても大事になります。

車の内部の点検や部品の交換も大事ですか、外装のメンテナンスもかなり大切なものです。

 

ぜひ、ご自身にあった利便性の高いウォータースポット除去剤を選んで、よりよい運転ライフを送ってくだされば幸いです。

そして、運転がもっと楽しく感じていただけたら、嬉しいかぎりです。

 

 

ウォータースポット除去剤を選ぶ際のポイントのおさらいです・・・

・しっかりとれる
・対応範囲が広い
・使いやすい
・追加効果がある
・ふき取りが楽

 

ウォータースポット除去剤もさまざまなタイプが販売されておりますので、しっかり吟味してご自身にとって最高だといえる商品を探していただければと思います。

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転についてさまざまな情報を発信していきます。よろしくおねがいします。

こちらの記事も、ぜひご覧ください。

カーワックスのおすすめの選び方とは?!
カーワックスは、車を長い間いい状態でたもつためには必要な道具になります。そんなカーワックスの選び方のポイントがいくつかありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。
ミラー型ドライブレコーダーのおすすめの選び方とは?!
最近、ミラー型ドライブレコーダーが人気を集めており、さまざまな商品が販売されるようになりました。今回は、ミラー型ドライブレコーダーを選ぶ際のポイントをいくつかお話しします。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

メンテナンス・トラブル対処
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました