スポンサーリンク

正しいポンピングブレーキのやり方とは?!

使い方・見方

のっぴーです。

今回は、「正しいポンピングブレーキのやり方」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

車を停止させるために使用するブレーキ、車を安全かつ丁寧に停めるためにはブレーキ技術を向上させる必要があり、ブレーキが上手な方は運転全体も上手になります。

 

ブレーキにはさまざまなテクニックがあり、踏むタイミングや踏む強さなどを、前車との距離や天候などによって、適切に判断して操作することが求められます。

 

 

とはいうものの、運転に慣れていない方にとってはブレーキの技術もまだよくわからないという方も多く、不安定なブレーキ操作になりがちです。

運転初心者でも、安全かつわりとかんたんにブレーキ操作ができるテクニックに、ポンピングブレーキと呼ばれるものがあります。

運転しはじめの方の多くは、まずポンピングブレーキを身につけて、ブレーキ技術を向上させています。

 

 

 

のっぴー
のっぴー

では、そんなポンピングブレーキはどのように行えばいいのか、正しいポンピングブレーキのやり方をお話ししていきます。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

正しいポンピングブレーキのやり方とは?!

通常のブレーキは、1回踏みはじめたら停止するまで、ペダルの強弱をつけながら踏み続けていますが、ポンピングブレーキはブレーキペダルを踏むのと離すのを交互に繰りかえす操作になります。

 

うまい人の通常のブレーキ操作にくらべると、若干ブレーキ時の乗り心地は悪くなりますが、運転に慣れていない方向けのブレーキ操作といえます。

 

 

ポンピングブレーキのメリットは、ブレーキのタイミングや強弱の調整がしやすいところにあります。

ブレーキ操作も、全部が一定ではないため柔軟にタイミングや強弱を変えなければいけませんが、ポンピングブレーキはそれがしやすいのです。

 

ブレーキ操作に不安があり危ない思いをしたり、ブレーキの調整がうまくいかず急ブレーキが多いという方は、ぜひ正しいポンピングブレーキのやり方を身につけて、実践してみていただければと思います。

 

 

正しいポンピングブレーキのやり方がこちらです・・・

・早めの段階から車が完全に停止するまで数回に分けて、ブレーキペダルを踏んで離してを繰り返す。
・はじめは急ブレーキにならない程度に強めにブレーキペダルを踏み、だんだん弱めていく。
・前車や停止線の位置などにあわせて、ブレーキの回数や強さを調整する

 

 

まずは、基本に忠実にしっかり停まりたい位置で停まれることを目標に、その後は同乗している方の乗り心地を意識してブレーキ操作をしてみてください。

 

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく説明をしていきます。

「正しいブレーキペダルの踏み方のコツ」や「ブレーキの遊びを上手に使うコツ」についての記事も、よろしければご覧ください。

正しいブレーキペダルの踏み方のコツとは?!【運転の基本を学びましょう】
ブレーキ操作は、アクセルより重要になりなす。ハンドル・アクセル・ブレーキは運転の肝です。正しいブレーキペダルの踏み方とコツを身につけて、安全と安心できる運転をめざしましょう。
ブレーキの遊びを上手に使うコツとは?!
ブレーキには遊びの部分があります。ブレーキの遊びを上手に使えると運転の幅が広がり、より安全で安心できる運転ができます。ぜひ、活用してみてください。

 

 

早めの段階から車が完全に停止するまで数回に分けて、ブレーキペダルを踏んで離してを繰り返す。

ポンピングブレーキは、なるべく早いタイミングで最初のブレーキペダルの踏み込みを行うのが効果的です。

タイミングが早ければ、その分最後の調整もしやすくなります。

 

そのためにも、速度の出しすぎに注意して前車との車間距離を広くたもつことを意識することが大事です。

そうすることで、余裕をもってポンピングブレーキができます。

 

 

車をキレイに停止させるためには、車を完全に停めることが必要です。

車が完全に停まるまで、何回かブレーキペダルを踏んで離してを繰りかえしていきます。

 

早いタイミングでブレーキを踏みはじめると、しっかり減速ができた状態にもっていけるので、安全かつ丁寧に停まることができるのです。

 

 

車が停まるまで、何回ポンピングブレーキをしてもかまいませんので、とにかくご自身が停まりたい位置に正確に停められるように、何回も試みてみましょう。

 

・ポンピングブレーキは、なるべく早いタイミングで最初のブレーキペダルの踏み込みを行うのが効果的です。
・早いタイミングでブレーキを踏みはじめると、安全かつ丁寧に停まることができるのです。
・ご自身が停まりたい位置に正確に停められるように、何回も試みてみましょう。

 

 

 

はじめは急ブレーキにならない程度に強めにブレーキペダルを踏み、だんだん弱めていく。

ポンピングブレーキでは、何回かブレーキを踏み分けていくのですが、踏み分けていく際のブレーキペダルを踏む強さにもコツがいります。

 

ポンピングブレーキをしはじめの段階では、走行していた速度をしっかり落とすために、強めにブレーキペダルを踏むといいでしょう。

 

 

この時、あまり強くブレーキペダルを踏みすぎると、急ブレーキとなってしまい、乗り心地が悪くなるだけでなく、周りの交通の方々のご迷惑にもなりますので、気をつけたいところです。

 

ある程度減速し切ったら、停止位置の調整のためにブレーキペダルを弱めに踏むのがベストです。

弱すぎると、停止しきれないこともありますので、こちらも要注意です。

 

 

はじめのうちは、さじ加減が難しいかもしれませんが、何回かやっていくうちに慣れてきて、上手に調整できるようになりますので、とにかくコツコツ続けて、都度修正と改善をしていきましょう。

 

・ポンピングブレーキをしはじめの段階では、走行していた速度をしっかり落とすために、強めにブレーキペダルを踏むといいでしょう。
・ある程度減速し切ったら、停止位置の調整のためにブレーキペダルを弱めに踏むのがベストです。
・何回かやっていくうちに慣れてきて、上手に調整できるようになりますので、都度修正と改善をしていきましょう。

 

 

 

前車や停止線の位置などにあわせて、ブレーキの回数や強さを調整する

ブレーキ操作は、場所や条件、状況によって柔軟に対応する必要があります。

ポンピングブレーキも、臨機応変にブレーキペダルを踏む回数や強さを調整すると、より効果がでます。

 

交差点と一概にいっても、場所によって形態はさまざまですし、同じ交差点でも天候や時間帯によって、ブレーキの土合も変わってくるわけです。

 

 

ブレーキは、主に前車と停止線とのかねあいが強いため、交差点がみえてきたら前車と停止線を意識して、いつでもポンピングブレーキがはじめられるようにしておくと安全です。

 

また、普段の走行から速度や前車との車間距離の調整を上手に行って、ゆとりと余裕のある運転をすることで、ポンピングブレーキが容易になるため、大事になります。

 

 

ポンピングブレーキは、無理やりにならない範囲なら、回数や強さに制限はありませんので、キレイにピッタリ停まれるように調整していきましょう。

 

・ブレーキ操作は、場所や条件、状況によって柔軟に対応する必要があります。
・ブレーキは、主に前車と停止線とのかねあいが強いです。
・ポンピングブレーキは、無理やりにならない範囲なら、回数や強さに制限はありません

 

 

 

よりしっかりとブレーキ操作をするために、足元をしっかり固めましょう

ブレーキ操作をより確実に上手にするためは、足元をしっかりすることも大事です。

車でいう足元とは、タイヤのことになります。タイヤは、数ある車の部品のなかでも重要な部品となり、しっかりしたタイヤをはくことにより安定した走行が実現できるため、ブレーキの安定感もより増します。

 

タイヤは消耗品のため、こまめなメンテナンスと早めの交換を心がけるようにしましょう。

 

 

 

私がおすすめするタイヤは2種類!

最近、各タイヤメーカー様がさまざまなタイヤを販売しておりますが、そのなかで私がおすすめしたいのが、ブリヂストン様の「REGNO GR-XⅡ」「Playz PXⅡ」です。

 

「REGNO GR-XⅡ」は、タイヤシェア国内NO.1のブリヂストン様のなかでも最高性能のタイヤで、特にハンドルの応答性が高いため右左折やカーブ、車線変更での走行が安定します。

 

さらに、走行音が静かで段差などからの衝撃を軽減する特徴もあり、そのうえ低燃費とすべての項目において高い水準をほこるタイヤです。

 

 

通勤・通学やご近所への買い物が多い方におすすめのタイヤです。

 

(車種やグレードによってタイヤのサイズがことなりますので、ご自身の車のタイヤサイズを調べたうえで、適合するサイズを選んで購入をおねがいします。)

 

 

「Playz PXⅡ」もタイヤシェア国内NO.1のブリヂストン様より販売されているタイヤで、運転中の疲れにくさや雨などの悪天候の影響を受けにくいことに特化した高性能タイヤです。

 

濡れた路面でも、しっかり曲がれてしっかり停まれるためブレーキ操作がより安定します。
さらに、低燃費で丈夫で長持ちするのも特徴です。

 

高速道路の走行が多い方や、長距離の運転をよくされる方におすすめのタイヤです。

 

(車種やグレードによってタイヤのサイズがことなりますので、ご自身の車のタイヤサイズを調べたうえで、適合するサイズを選んで購入をおねがいします。)

 

 

 

ご自身の車にあわせてピッタリのタイヤをかんたんに検索・購入・交換予約ができる「TIREHOOD(タイヤフッド)」様もおすすめ

運転のしかたやスタイルは人それぞれ、タイヤ購入や交換のしかたも人それぞれ。

 

 

自分にとってどのようなタイヤがいいかわからない
自分の車種にあうタイヤがどれかわからない
タイヤを購入するのはいいとして、交換の予約もあわせておねがいしたい

 

という方には、タイヤ販売サイトの「TIREHOOD(タイヤフッド)」様がおすすめです。

 

「TIREHOOD(タイヤフッド)」様なら、ご自身の車の車種を入力するだけで、その車種にあうタイヤのなかからおすすめのタイヤが表示されるため、かんたんにご自身にピッタリのタイヤを選ぶことができます。

 

 

さらに、大手カー用品店の「オートバックス」様と提携されているため、全国のオートバックスでのタイヤ交換の予約を同時にすることもできます。

 

その他、全国約4800店舗のお店でタイヤの交換が予約可能です。

 

 

タイヤ選びや交換場所にお困りの方は、ぜひ「TIREHOOD(タイヤフッド)」様をご利用ください!

 

「TIREHOOD(タイヤフッド)」様のホームページはこちらになります。
ご自身にピッタリのタイヤをみつけて、よりよい運転ライフを送りましょう!
TIREHOOD|タイヤフッド

 

 

 

さいごに

ポンピングブレーキは、運転初心者でもかんたんにスムーズで安全なブレーキができるため、とてもおすすめです。

自分も、運転しはじめて1年間くらいはポンピングブレーキを実際に使用していました。

 

ポンピングブレーキの技術を上達させると、ブレーキの感覚がだんだんつかめてきます。

そうしたら、通常のブレーキの踏み方に切り替えて、スムーズに停まれるように練習するのがいいでしょう。

 

 

停まれるときに停まりたい位置で確実に停まれることは、運転において必須です。

これができる方は、運転レベルの高い方といえます。

いきなり全部の場面でやるのは難しいですが、意識をもっているだけでもかなり変わります。

 

この先、何年何十年と長いこと運転に携わることを考えて、停まる技術はつねに磨き続けるようにしましょう。

その一歩として、ポンピングブレーキをぜひ活用いただければと思います。

 

 

あらためて、ポンピングブレーキのやり方のおさらいです・・・

・早めの段階から車が完全に停止するまで数回に分けて、ブレーキペダルを踏んで離してを繰り返す。
・はじめは急ブレーキにならない程度に強めにブレーキペダルを踏み、だんだん弱めていく。
・前車や停止線の位置などにあわせて、ブレーキの回数や強さを調整する

 

最初はどうしても、ぎこちない操作や感覚になってしまいますが、やっていくと上達していきますので、停止する場面ではどんどんチャレンジしてみましょう。

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転についてさまざま情報を発信します。よろしくおねがいします。

こちらの記事も、よろしければご覧ください。

正しいブレーキペダルの踏み方のコツとは?!【運転の基本を学びましょう】
ブレーキ操作は、アクセルより重要になりなす。ハンドル・アクセル・ブレーキは運転の肝です。正しいブレーキペダルの踏み方とコツを身につけて、安全と安心できる運転をめざしましょう。
ブレーキの遊びを上手に使うコツとは?!
ブレーキには遊びの部分があります。ブレーキの遊びを上手に使えると運転の幅が広がり、より安全で安心できる運転ができます。ぜひ、活用してみてください。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

タイヤは消耗品のため、こまめなメンテナンスと早めの交換を心がけるようにしましょう。

 

(車種やグレードによってタイヤのサイズがことなりますので、ご自身の車のタイヤサイズを調べたうえで、適合するサイズを選んで購入をおねがいします。)

 

ご自身の運転スタイルにあうタイヤやご自身の車のタイヤサイズがわからないという方は、「TIREHOOD(タイヤフッド)」様がおすすめ

TIREHOOD|タイヤフッド

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

使い方・見方
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の35歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました