スポンサーリンク

駐車の際バックモニターを上手に使用するコツとは?!

運転

のっぴーです。

今回は、「駐車の際バックモニターを上手に使用するコツ」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

運転していて難しいところへ駐車する機会というのがときどきないでしょうか。運転していると、駐車に苦労するということがついてまわるときがあります。

 

狭いところや落下物や障害物が多いところなど、駐車が難しい条件もさまざまで車の大きさによっても難易度が変わるため、運転経験者でも駐車は苦労するときがあります。

 

 

そんななか、車の開発技術も進歩していて運転をサポートしてくれるさまざまな機能が車に搭載(とうさい)されるようになりました。そのひとつがバックモニターです。

 

 

のっぴー
のっぴー

今回は、駐車の際に便利なバックモニターの使い方のコツについてお話しします。

 

ぜひバックモニターを上手に使用して、駐車をもっと楽にできるようにしましょう。

 

 

 

駐車の際バックモニターを上手に使用するコツとは?!

バックモニターとは、車についている機能でカーナビと連動している機能でもあります。

車の後方に小型のカメラが設置されていて、ギアをバックに入れるとカメラが作動して、カメラからの映像がカーナビにうつるというしくみです。

 

これにより、駐車の際なかなかみえづらい後方部分を映像でみることができるため、結果駐車がしやすくなるのです。これにより駐車でのドライブが少なくなってきました。

 

 

バックモニターの機能は比較的かんたんではありますが、それでも上手に使いこなすためには、やはりコツを身につけておく必要があります。

バックモニターを上手に使用するコツを身につけて、駐車で苦労する機会を減らして運転をもっと楽しく快適なものにしていきましょう。

 

 

バックモニターを上手に使用するコツがこちらです・・・

・バックモニターのガイドラインにそってハンドルを切る
・後方の障害物とのギリギリのラインをみさだめる
・バックモニターに頼りすぎない

 

バックモニターがあるとはいえ、駐車の操作をするのはご自身になりますので、あくまでサポート機能として使用するようにしましょう。

 

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく説明をします。

「運転初心者が駐車を安全にするコツ」や「駐車ができないのを克服する」についての記事も、よろしければご覧ください。

運転初心者が駐車を安全にするコツとは?!
運転初心者が意外と苦戦するのが駐車です。運転に慣れていない方でも、駐車の難易度を下げるコツがありますので、活用して安全に駐車しましょう
駐車ができないのを克服するには?!
駐車ができないとお悩みの方が結構いらっしゃいます。ただポイントさえつかんで練習すれば、どなたでも駐車できるようになります。駐車への苦手意識を克服して、もっと快適で楽しい運転をしましょう。

 

 

 

バックモニターのガイドラインにそってハンドルを切る

バックモニターには、駐車がよりしやすいように駐車するラインがわかりやすく表示されています。

このガイドラインを上手に使うことで駐車をスムーズに行うことができます。

 

ガイドラインは、ハンドルを切るとそれにあわせて曲がった動線のラインが表示されるため、狭い駐車マスや隣に車がいるところへの駐車でも安心です。

 

 

バックモニターの使い方がわからないうちは、ガイドラインの表示がどうなっているのかもわかりづらいかもしれませんが、実際のサイドミラーや目視での確認とあわせながら見るとこで、だんだんと感覚をつかめてきます。

 

実際に駐車する前に、ハンドルをどのくらい切るとガイドラインがどのくらい曲がって、実際車がどのように動くかを、何度か試してみるのも有効です。

 

 

はじめは、駐車の際にバックモニターを少し使用しながら、徐々に使い方を覚えていくようにして、最終的にバックモニターを使いこなせるレベルまで、もっていけると理想です。

 

・バックモニターには、駐車がよりしやすいように駐車するラインがわかりやすく表示されています。
・実際のサイドミラーや目視での確認とあわせながら見るとこで、だんだんと感覚をつかめてきます。
・徐々に使い方を覚えていくようにして、最終的にバックモニターを使いこなせるレベルまで、もっていけると理想です。

 

 

 

後方の障害物とのギリギリのラインをみさだめる

バックモニターの一番の利点は、運転席からは見えづらい後方が映像でしっかりみられることです。

これにより、駐車の際の安心感がかなり高まっています。

 

後方のカメラは、後方の周辺の映像とご自身の車の後方部分ギリギリの部分の映像をうつしているので、あとどのくらいで後方の障害物と接触するかがわかりやすくうつされています。

 

 

それにより、後方部分がギリギリまでいけるため、後方への下がりが甘すぎて前方に出すぎて、他の交通の方々のご迷惑になるという状況が少なくなりました。

 

また、後方の障害物に近くと音で知らせてくれる機能が備わっている車も最近は増えていて、バックモニターと合わせて接触防止に役立ちます。

 

 

まずは、バックモニターにうつしだされる映像が実際どのあたりをうつしているのかをみさだめて、しっかり分析したうえで活用していくことがおすすめです。

 

・バックモニターの一番の利点は、運転席からは見えづらい後方が映像でしっかりみられることです。
・後方部分がギリギリまでいけるため、後方への下がりが甘すぎて前方に出すぎて、他の交通の方々のご迷惑になるという状況が少なくなりました。
・バックモニターにうつしだされる映像が実際どのあたりをうつしているのかをみさだめて、しっかり分析したうえで活用していくことがおすすめです。

 

 

 

バックモニターに頼りすぎない

バックモニターは、駐車の難易度を下げる便利な機能です。

ですが、バックモニターに頼りすぎると、思わぬ落とし穴に落ちる可能性が高いです。

 

というのも、バックモニターはあくまで駐車やバックをサポートする機能であり、操作するのは運転手ご本人になるため、頼りっきりというわけにもいきません。

 

 

また、バックモニターにはうつらない部分もたくさんありますので、やはりサイドミラーや目視などでの周囲の確認の徹底は大事になります。

 

一番は、ご自身の駐車やバックのスキルを高めて、いつでもどこでも安全にバックができることですので、そのためのツールとしてバックモニターを使っていけると、効果があります。

 

 

車には、その他にも便利な機能がいっぱいありますが、使い方を間違えると失敗しますので、しっかり使用する本質を考えて使用するようにおねがいします。

 

・バックモニターに頼りすぎると、思わぬ落とし穴に落ちる可能性が高いです。
・バックモニターにはうつらない部分もたくさんありますので、やはりサイドミラーや目視などでの周囲の確認の徹底は大事になります。
・しっかり使用する本質を考えて使用するようにおねがいします。

 

 

 

さいごに

時代の変化とともに、車は性能だけでなく機能も進化してきました。

カーナビやバックモニターは、そのうちの1つで今や車についているのが標準になってきました。

 

ただ、あくまでもカーナビやバックモニターはサポート機能の1つなので、それらに頼りすぎなにならないように、各々が運転の知識や技術を高めていく必要があります。

 

 

特に、バックモニターは頼りすぎると駐車の技術が養われなくなるため、ちょっと難しい駐車場所が訪れた機会などに対応ができなくなってしまいます。

 

そうならないためにも、ご自身の知識や技術の向上をつねに考えながら運転していくことが大事にになります、それがご自身の運転の楽しさにもつながっていくのです。

 

 

あらためて、バックモニターを上手に使用するコツのおさらいです・・・

・バックモニターのガイドラインにそってハンドルを切る
・後方の障害物とのギリギリのラインをみさだめる
・バックモニターに頼りすぎない

 

バックモニターの感覚をつかんで、ご自身の運転ライフの向上にぜひ役立てていただければと思います。

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転に関するさまざまな情報をお届けします。よろしくおねがいします。

こちらの記事も、よろしければご覧ください。

運転初心者が駐車を安全にするコツとは?!
運転初心者が意外と苦戦するのが駐車です。運転に慣れていない方でも、駐車の難易度を下げるコツがありますので、活用して安全に駐車しましょう
駐車ができないのを克服するには?!
駐車ができないとお悩みの方が結構いらっしゃいます。ただポイントさえつかんで練習すれば、どなたでも駐車できるようになります。駐車への苦手意識を克服して、もっと快適で楽しい運転をしましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

運転
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の35歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました