駐車ができないのを克服するには?!

初心者向け・コツ情報
この記事は約9分で読めます。

のっぴーです。

今回は、「駐車ができないのを克服する」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

運転のなかでも難しいとされる駐車、苦手な方は多いですし、場所によっては駐車できないという方もいらっしゃいます。

 

物理的に駐車できないところに駐車するのは、難しい話ですが、できれば駐車可能な場所ならどこにでも駐車できるようにはなりたいものです。

 

 

駐車ができないと、運転の幅が狭まってしまい運転を十分に楽しめなくなるため、さらに運転がイヤになるという悪循環が生まれてしまいます。

 

駐車ができないことはどなたでも克服することができます。

 

 

のっぴー
のっぴー

少しずつコツコツでかまいませんので、駐車の技術を向上させて、どのような場所や状況でも駐車できるようになりましょう。

 

 

 

駐車ができないのを克服するには?!

駐車というと、バックの操作で狭いスペースに入れる状況が多いため、どうしても難しい作業となってしまいます。

 

日本の場合、ほとんどの駐車場や駐車スペースでバック駐車をすることになるため、まずはバックでしっり駐車マスのなかに車をおさめることが大事になります。

 

 

駐車ができない方にありがちなのが、どこをみればいいのかわからなくなってしまって、焦ったり慌てたりすることです。

さらに、駐車の操作でてこずっているところに、他の車がきてしまったらもうパニックの絶頂をむかえることでしょう。

 

まずは、ゆっくりでかまいませんので落ちついて確認や操作をすることを心がけてください。

仮に、他の車が近くにきてしまっても、動揺しないで安全に駐車することに集中することが、駐車をする際には必要な心もちです。

 

 

そして、これからお話しする克服方法を意識していただければ、どなたでも必ず駐車ができるようになります。

駐車ができるようになると、運転の世界が変わって、もっとも運転したくなります。ぜひ、そこをめざしていきましょう。

 

駐車ができないのを克服するポイントがこちらです・・・

・駐車の際の運転感覚と車両感覚をつかむことを意識する
・必要以上にあらゆるところをみて確認しながら駐車する
・とにかく駐車の練習をする

 

こちらのポイントは、駐車以外の場面でも活用できるものになっています。

まずは、基本に忠実に確実にやっていくようにしましょう。

 

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく解説をしていきます。

「狭い場所にバック駐車する3つのコツ」や「駐車を練習するのにおすすめの3か所」についての記事も、よろしければご覧ください。

上手に駐車する3つのコツとは?!【狭い場所でもバック駐車がしっかりできます】
狭いところでのバック駐車は、とても苦労します。しかし、コツをつかめば体力的にも精神的にも楽になります。バック駐車の技術を向上させて、より運転を楽しくしましょう。
駐車を練習するのにおすすめの場所とは?!【3ヶ所あります】
駐車をうまくできるようになるには、何回も練習をする必要があります。駐車の練習に効果的な場所がいくつかありますので、どんどん練習していつでもどこでも駐車できるようにしましょう。

 

 

 

駐車の際の運転感覚と車両感覚をつかむことを意識する

駐車の際の運転感覚と車両感覚をはやめにつかめれば、どのような場所でも比較的楽に駐車ができるようになります。

 

通常の運転でも、運転感覚と車両感覚をつかむことが慣れるためには大事ですが、駐車でも同じことがいえるのです。

 

 

具体的には、どのくらいハンドルを切ればどのくらい曲がるとか、この車の大きさだとこの角度から入れれば駐車スペースに入るなどの感覚になります。

 

運転感覚と車両感覚がわかっていれば、車がどのように動いて、どう動けば接触しないかがわかるようになるので、駐車も安全に行うことができます。

 

 

運転感覚と車両感覚に関しては、運転や駐車を何回かやっていくなかで養っていくのが一番ですので、とにかく機会があったら運転や駐車にチャレンジするようにしましょう。

 

・駐車の際の運転感覚と車両感覚をはやめにつかめれば、どのような場所でも比較的楽に駐車ができるようになります。
・運転感覚と車両感覚がわかっていれば、車がどのように動いて、どう動けば接触しないかがわかるようになるので、駐車も安全に行うことができます。
・とにかく機会があったら運転や駐車にチャレンジするようにしましょう。

 

 

 

必要以上にあらゆるところをみて確認しながら駐車する

正直、運転に慣れている方でも駐車は難しい動作になります。

人間は前に目がついていますので、後ろへの動きには視野が狭くなり、どうしても苦労します。

 

ありがちなのが、ご自身ではみえているつもりでも実はみえてなくてということです。

また、駐車の際はみるべきところがいっぱいあるため、みるべきポイントをしっかりみてないと危険な思いをします。

 

 

駐車の際は、視野が狭くなってしまうのは人間の構造上しかたないことなので、それを補うためにこれでもかというくらい、あらゆるところを確認するように意識しましょう。

 

駐車は、前後左右どちらに危険があるか、あるいは危険がやってくるかわかりません。

その意識をもって、ありとあらゆるところの確認を徹底すれば安全に駐車をすることができます。

 

 

周囲の確認には、ミラーや目視を使うのがよろしいですが、最近はバックモニターがついている車も増えてきたので、もしバックモニターがついている場合はうまく活用するようにしましょう。

 

とはいっても、ご自身の目で直接みるのが一番安全だと確信がもてますので、なるべく目視をするようにして、どうしても心配な状況になったら、一度車から降りて周囲の確認をするように心がけてください。

 

・正直、運転に慣れている方でも駐車は難しい動作になります。
・視野が狭くなってしまうのをを補うためにこれでもかというくらい、あらゆるところを確認するように意識しましょう。
・なるべく目視をするようにして、どうしても心配な状況になったら、一度車から降りて周囲の確認をするように心がけてください。

 

 

 

とにかく駐車の練習をする

いろいろお話ししましたが、駐車ができるようになるためには、とにかく練習することが一番の方法です。

何回か練習すればだんだんと駐車がうまくできるようになります。

 

駐車ができないために、どうしても不安や怖さで運転や駐車から遠ざかってしまいがちですが、そのまま何もしなければ、駐車はできないままになってしまいます。

 

 

駐車に慣れていなくて駐車ができないという方にも、おすすめの練習場所があります。

そちらに関しては、私が書いた「駐車を駐車を練習するのにおすすめの3か所とは?!【初心者必見】」という記事がございますので、ぜひご覧いただければと思います。

 

最近は、周りに車が停まっていなくて人通りも少ない場所で練習して、慣れていたらだんだん車が停まっていて人の交通があるところで、練習すると効果的です。

 

 

とにかく何回も駐車の練習をして、身体に染みつかせることが大事です。

数をこなすと、運転感覚や車両感覚もだんだんわかってきますし、確認するべき場所もわかってくるので、駐車にも慣れてきて、どちらの場所や状況でも駐車ができるようになります。

 

1日1回でも5分でもかまいませんので、ちょっとでも練習できる時間ができたら、練習するようにしましょう。

 

・駐車ができるようになるためには、とにかく練習することが一番の方法です。
・最近は、周りに車が停まっていなくて人通りも少ない場所で練習して、慣れていたらだんだん車が停まっていて人の交通があるところで、練習すると効果的です。
・1日1回でも5分でもかまいませんので、ちょっとでも練習できる時間ができたら、練習するようにしましょう。

「駐車を練習するのにおすすめの3か所」についての記事も、よろしければご覧ください。

駐車を練習するのにおすすめの場所とは?!【3ヶ所あります】
駐車をうまくできるようになるには、何回も練習をする必要があります。駐車の練習に効果的な場所がいくつかありますので、どんどん練習していつでもどこでも駐車できるようにしましょう。

 

 

 

 

さいごに

運転がある程度できるようになっても、駐車はほんとに苦労します。

場所や状況によっても難易度が変わりますし、通常の操作とは異なるためわけがわからなくなってしまうこともあります。

 

駐車に関しては、練習と慣れが必要になってきますので、とにかく何回も練習して、経験を積んでいくようにしましょう。

 

 

みなさん、最近は駐車できないところからはじめて、駐車できるようになっております。

つまり、どんなに駐車が苦手でできない方でも、地道にやっていけば、必ずできるようになります。

 

駐車ができるようになると、ほんとに運転の世界が変わります。

運転が楽しくなるので、もっといろいろなところへ運転したくなります。

 

 

ぜひ、運転の楽しさや快適さを実感できるように、まずは駐車の練習からがんばってやっていきましょう。

 

駐車ができないのを克服する方法のおさらいです・・・

・駐車の際の運転感覚と車両感覚をつかむことを意識する
・必要以上にあらゆるところをみて確認しながら駐車する
・とにかく駐車の練習をする

 

ポイントをおさえてやっていけば、必ずどのような場所でも駐車できるようになります。(物理的に難しいところをのぞいて)

 

まずは、通常の運転の基本的な部分を思い出して、または教習所で教わった駐車の方法を思い出して、やってみていただければと思います。

 

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転についてのあらゆる情報を発信していきますので、よろしくおねがいします。

こちらの記事も、よろしければご覧ください。

上手に駐車する3つのコツとは?!【狭い場所でもバック駐車がしっかりできます】
狭いところでのバック駐車は、とても苦労します。しかし、コツをつかめば体力的にも精神的にも楽になります。バック駐車の技術を向上させて、より運転を楽しくしましょう。
駐車を練習するのにおすすめの場所とは?!【3ヶ所あります】
駐車をうまくできるようになるには、何回も練習をする必要があります。駐車の練習に効果的な場所がいくつかありますので、どんどん練習していつでもどこでも駐車できるようにしましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

初心者向け・コツ情報
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました