ブレーキランプを交換する方法・場所とは?!

メンテナンス・トラブル対処

のっぴーです。

今回は、「ブレーキランプを交換する方法・場所」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

運転を長いことしていると、車の部品はだんだん消耗してきます。

こまめな点検や定期的なメンテナンスは車を長い間いい状態にたもつためには必要なことです。

 

車にはいくつかライトやランプ類がありますが、ライトやランプ類も光って消してを繰りかえしていると消耗するため、いつかは操作しても点灯しなくなります。

 

 

そのなかでも、ブレーキランプは周りの交通の方々にブレーキを踏んでいることを知らせるためのランプになるので、とても大事な部品です。

 

ブレーキランプが切れてしまったら、早めに交換することをおすすめします。

ブレーキランプはさまざまな方法や場所で交換することができます。

 

 

のっぴー
のっぴー

ブレーキランプが切れたのがわかったら、早めに交換して、しっかり安全を確保するようにしましょう。

 

 

 

ブレーキランプを交換する方法・場所とは?!

ブレーキランプは、ブレーキを踏むと点灯するランプで、主に車の後ろについており、後続車にご自身の車がブレーキを踏んで減速していることを伝える役割があります。

 

ブレーキランプが光ることにより、後続車はご自身の車がブレーキを踏んでいるのがわかるため、それにあわせてブレーキを踏んだり車線変更したりなどの判断ができるというわけです。

 

 

つまり、ブレーキランプが切れてしまって点灯しないとなると、後続車の反応や対応を遅らせてしまう原因となってしまいます。

ご自身と後続車が安全に運転するためには、ブレーキランプはとても大事な部品なのです。

 

また、ブレーキランプが切れてる状態で走行して警察にみつかった場合は、整備不良ということで、違反となる可能性もありますので気をつけましょう。

 

 

ブレーキランプの交換方法や場所がこちらになります・・・

・カー用品店
・ガソリンスタンド
・自動車ディーラー
・自動車工場
・ご自身で交換する

 

さまざまな方法や場所がありますので、ご自身のやりやすい方法や場所で交換しましょう。

 

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく説明をしていきます。

 

「車を長く乗るためにするべきこと」や「運行前点検の最低限みるべきところ」についての記事も、よろしければご覧ください。

車を長く乗るためにするべき3つのこととは?!
車を長い間乗るためには、普段から気にかけることが大事です。今回は、「車を長く乗る」ためのポイントをお話ししております。メンテナンスをしっかりすれば、20年同じ車に乗ることも可能です。
運行前点検の最低限みるべきところとは?!
運行前点検は、安全に運転するため、車をいい状態にたもつため、または車を長持ちさせるために大切なことです。全部の項目を毎回チェックするのは大変ですが、最低限毎回確認したほうがいいところが3か所あるので、しっかり確認して、安全で快適な運転をしましょう。

 

 

 

カー用品店

一番オーソドックスな方法としては、カー用品店で交換することです。

街中にあるカー用品店なら、ブレーキランプの交換もすぐにできます。

 

ブレーキランプの交換のついでに、他のカーグッズをみて購入できるところも、カー用品店の特徴です。

とにかく、車に関するいろいろなことができるのは魅力的ですね。

 

 

交換も、専門の方が行ってくださるので安心です。

ブレーキランプの交換も多少複雑にはなるので、もし交換が慣れていないということでしたら、専門の方におねがいすればがしっかり取りつけてくださります。

 

ブレーキランプは、車によって対応している種類に違いがありますが、カー用品店では国産車ならほぼモーラしてますので、ご自身の車にあうものを選ぶといいでしょう。

 

 

ただし、車の修理や作業が忙しい時期や日にちの場合は、すぐに交換をしていただけない場合もありますので、あらかじめホームページや電話で予約をするといいでしょう。

 

・一番オーソドックスな方法としては、カー用品店で交換することです。
・ブレーキランプの交換のついでに、他のカーグッズをみて購入できるところも、カー用品店の特徴です。
・カー用品店では国産車ならほぼモーラしてますので、ご自身の車にあうものを選ぶといいでしょう。

オートバックス様のピットメニュー(修理・交換作業)のホームページがこちらになります。

イエローハット様のピットメニュー(修理・交換作業)のホームページがこちらになります。

 

 

ガソリンスタンド

実は、ガソリンスタンドでもブレーキランプの交換ができるのです。

店員さんがいらっしゃるガソリンスタンドなら、ほとんどのお店で交換作業を行っております。

 

車の給油をするのにガソリンスタンドに立ちよりますので、そのついでに交換ができますし、ガソリンスタンドは営業時間が長めなので早朝や深夜でも、店員がいらっしゃれば交換作業をしてくださります。

 

 

ブレーキランプは、突然切れてることがありますので、もし急に切れてすぐに交換したいのなら、近くのガソリンスタンドへいって店員さんに相談するといいでしょう。

 

ただし、ガソリンスタンドにも営業時間があることや店員さんがいる時間といない時間があったり、カー用品店ほど種類がないため、ガソリンスタンドにいったはいいけど、交換できないなんてこともありえます。

 

 

もし、ガソリンスタンドで交換されたい場合は、なるべく幹線道路やバイパス沿いにある、施設が大きそうなところへ入ると、高い割合で交換ができますので、覚えておくといざというとき役にたちます。

 

・実は、ガソリンスタンドでもブレーキランプの交換ができるのです。
・もし急に切れてすぐに交換したいのなら、近くのガソリンスタンドへいって店員さんに相談するといいでしょう。
・なるべく幹線道路やバイパス沿いにある、施設が大きそうなところへ入ると、高い割合で交換ができますので、覚えておくといざというとき役にたちます。

 

 

 

自動車ディーラー

車を購入された自動車ディーラーで交換する方法もあります。

自動車ディーラーでの交換作業が、やはりどこにおねがいするよりも一番安心できるのではないでしょうか。

 

車検や点検などで、自動車ディーラーにお世話になる機会は意外と多いかと思います。

もし、ブレーキランプが切れてしまって、近いうちに車検や点検があるということでしたら、ディーラーの方にお伝えすればその際に一緒交換してくださるというメリットがあります。

 

 

車検や点検の際の交換になるので、ブレーキランプ意外にもおかしいところはないかチェックして、もしあったら修繕や交換をしてくださるので、一気に車をいい状態にできます。

 

しかし、自動車ディーラーが営業時間している時間であることと、修理や交換には、あらかじめの予約が必要な場合が多いため、前もって連絡して空いている日時に行くようにしましょう。

 

 

自動車ディーラーなら、ご自身の車にあうブレーキランプをほとんどの割合で在庫がありますし、純正のしっかりしたランプをつけてくださるので、安心感はバツグンです。

 

・車を購入された自動車ディーラーで交換する方法もあります。
・近いうちに車検や点検があるということでしたら、ディーラーの方にお伝えすればその際に一緒交換してくださるというメリットがあります。
・自動車ディーラーなら、ご自身の車にあうブレーキランプをほとんどの割合で在庫がありますし、純正のしっかりしたランプをつけてくださるので、安心感はバツグンです。

 

 

 

自動車工場

街の自動車工場でも、ブレーキランプの交換をしてくださります。

自動車工場の方は、かなり専門的な知識をおもちの方が多いので、ブレーキランプの交換についてやそれ以外の車に関することも教えてくださる可能性があります。

 

現在でも、街中に自動車工場屋さんを意外とみかけるものも、自動車工場屋さんならではの細かい配慮やサービスがあるからではないでしょうか。

 

 

ブレーキランプの交換も、専門的な知識でしっかり行ってくださります。

それ以外の車に関するアドバイスもいただけたりするので、この機会に疑問に思っていることを伺うと、親切に答えてくださるところが多いです。

 

自動車工場の場所によって、営業時間や休業日が異なるのと、修理や作業の予約がいっぱいだと、すぐに行ってくださらない場合もありますので、あらかじめ調べてから行くのがおすすめです。

 

 

カー用品店や自動車ディーラーにはない、個人店だからこその、車に対する想いや気もちなんかも伝わってくるので、ほんとに車を愛して大事にされたい方は、街の自動車工場で交換するのもいいのではないでしょうか。

 

・街の自動車工場でも、ブレーキランプの交換をしてくださります。
・車に関するアドバイスもいただけたりするので、この機会に疑問に思っていることを伺うと、親切に答えてくださるところが多いです。
・車に対する想いや気もちなんかも伝わってくるので、ほんとに車を愛して大事にされたい方は、街の自動車工場で交換するのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

ご自身で交換する

ブレーキランプは、ご自身で交換する方法もあります。

カー用品店やドンキホーテへいくとランプが販売しているので、車の説明書をみて、ご自身の車にあうランプを購入しましょう。

 

セダンの場合は、車の内部にネジやボルトなどのとめている部品が入っているため、交換のレベルは高いですが、ミニバンやワゴンなら、トランクを開けるとブレーキランプをつけついるネジがあらわれるので、そちらをはずせば交換ができるため、説明書をみながらやれば、できることが多いです。

 

 

いづれにしても、説明書をみてできそうかどうか判断することをおすすめします。

できないのに無理をして、おかしなことをしてしまうと故障の原因にもなりますので、気をつけたいところです。

 

少しでも無理だと感じたら、ご自身で行わずに専門の方におねがいする方が安心です。

電気系統なので、専門的な知識が多少必要なことも事実なので、無理をすると車だけでなくご自身の身体が傷つくことも考えられます。

 

 

とはいっても何事も経験ですので、交換に自信がある方は、一度チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

その際は、しっかり道具を整えて、安全の確保をしてから交換作業をするようにしましょう。

 

・ブレーキランプは、ご自身で交換する方法もあります。
・ミニバンやワゴンなら、説明書をみながらやれば交換できることが多いです。
・しっかり道具を整えて、安全の確保をしてから交換作業をするようにしましょう。

 

 

 

さいごに

ブレーキランプも車にとっては大事な部品の1つです。

普段からメンテナンスすることはなかなか難しいですが、切れてしまったら早めに交換して、いい状態をたもつことは可能です。

 

ブレーキランプの交換できる場所は、意外と多いので、切れたのがわかったら交換できる場所へすぐに行くように心がけましょう。

 

 

また、切れているのに気づくためには、日ごろの運行前点検で、ライトやランプ類のチェックをする必要があります。

ブレーキランプにかぎらず、ライトやランプが正常に点灯するかは、こまめに確認するようにおねがいします。

 

そして、ご自身がさらには周りの方々が、本日も安全に快適に運転ができるような環境づくりをしていくように心がけていきましょう。

 

 

ブレーキランプを交換する方法・場所のおさらいです・・・

・カー用品店
・ガソリンスタンド
・自動車ディーラー
・自動車工場
・ご自身で交換する

 

ブレーキランプ以外の交換も上記の方法や場所ではできますので、なにかあったら気軽に立ちよったり相談したりしましょう。

 

 

のっぴー
のっぴー

今後も運転の情報をお届けしていきます、よろしくおねがいします

 

こちらの記事も、よろしければご覧ください。

車を長く乗るためにするべき3つのこととは?!
車を長い間乗るためには、普段から気にかけることが大事です。今回は、「車を長く乗る」ためのポイントをお話ししております。メンテナンスをしっかりすれば、20年同じ車に乗ることも可能です。
運行前点検の最低限みるべきところとは?!
運行前点検は、安全に運転するため、車をいい状態にたもつため、または車を長持ちさせるために大切なことです。全部の項目を毎回チェックするのは大変ですが、最低限毎回確認したほうがいいところが3か所あるので、しっかり確認して、安全で快適な運転をしましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

メンテナンス・トラブル対処
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました