スポンサーリンク

運転の判断力を鍛えるには?【運転が上達する近道です!】

初心者向け・コツ情報

のっぴーです。今回は、「運転の判断力を鍛える」について、お話しして参ります。

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

運転をしていると、いろいろと迷う場面がたくさん訪れます。

 

「信号を渡るか停まるか」
「右折のタイミング」
「速度をあげるか落とすか」

 

などなど、多種多様です。

 

実は、運転は判断の連続でなりたっています。

さまざまな場所のさまざまな場面ではつねに運転手の適切な判断が求められるのです。

 

 

いつでも適切な判断をするためには、運転における判断力を気持ち必要があります。

判断力があれば、迷う場面でも瞬時に正しい判断ができ操作にうつることができます。

 

のっぴー
のっぴー

では、そんな判断力を鍛えるにはどうすればいいのか。

 

1年のほぼ毎日、運転している私ならではの運転における判断力を鍛える方法をお話ししましす。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

運転の判断力を鍛えるには?

普段の生活でも思いきりのいい方もいれば、迷いやすい方もいらっしゃいます。

運転においても両者が存在しますが、最終的には判断力が必要となります。

 

運転の判断力は独特なもので、運転中にだけ求められるものであり、とはいえ運転には必要なものなため、やはり運転するうえで鍛えることが必須なのです。

 

 

運転の判断力が身につけば、よりスムーズで安全な運転ができるため、周囲に安心感を与えられるだけでなく、自分自身も運転がもっと楽しくできるようになります。

 

また、判断力を鍛えることは運転が上達する近道でもありますので、運転のスキルに自身のない方は、運転の判断力を鍛えることをおすすめします。

 

 

今回のポイントがこちらです・・・

・本やネットで運転について調べる
・どんどん運転して知識や経験を増やす
・判断がうまくいった時と失敗した時の振りかえりをしっかりして、次に活かす

 

方法といっても、やることは意外とシンプルで、いまからでもはじめていただけることばかりになっています。ご自身のやりやすい方法で、ぜひ試してみてください。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく説明をします。

 

 

 

本やネットで運転について調べる

判断力を鍛えるためには、まず適切な判断がどのようなものなのかを認識する必要があります。

適切な判断の知識がなくては、正しい判断も難しくなります。

 

世の中には、車が誕生して100年ほど、車が日本の生活に普及して50年ほどがたち、これまで運転を経験されてきた方々の経験や体験をもとにした、運転についての記述がたくさんあります。

 

 

そちらを参考にすることで、運転における適切な判断力を理解することができます。

今では、本やネットなどで調べることができるためおすすめです。

 

本は、教習所でいただける本でもいいですし、手元にない場合は初心者用の運転本を購入するか図書館で借りるといいでしょう。

また、ある程度運転に慣れている方で特定の場面の際の適切な判断を知りたい方は、ネットでも十分判断力を身につけることができます。

 

 

運転の判断力をあげたいなら、まずは調べることからはじめて、運転についてや運転に関することをどんどん学んでいくことが大切になります。

 

・判断力を鍛えるためには、まず適切な判断がどのようなものなのかを認識する必要があります。
・今では、本やネットなどで調べることができるためおすすめです。
・運転についてや運転に関することをどんどん学んでいくことが大切になります。

 

 

 

どんどん運転して知識や経験を増やす

ある程度、運転の基本や判断の方法を本やネットで学んだら、実際の運転でそれを実践してみましょう。

判断力を鍛えるためには、実際に運転するのが一番です。

 

迷う場面はいろいろあるかと思いますが、あまり無理をしないことをベースに、あとは自分の判断を信じて運転すれば、必ずうまくいきます。

 

 

判断力を鍛えるためには、運転することで知識や経験を増やしていくことが大事です。

知識な経験が増えることにより、瞬間的に正しい判断を考え行動にうつすことができます。

 

日本にはさまざまな道路形態のところもあれば、標識や標示も数多く存在します。その1つ1つを運転しながら吸収していくことにつきます。

 

 

運転での判断力を鍛えるために、普段から運転する機会をなるべく増やすようにして、とにかくいろいろなところへ運転して、でかけてみるようにしてみましょう。

 

・判断力を鍛えるためには、実際に運転するのが一番です。
・知識な経験が増えることにより、瞬間的に正しい判断を考え行動にうつすことができます。
・普段から運転する機会をなるべく増やすようにして、とにかくいろいろなところへ運転して、でかけてみるようにしてみましょう。

 

 

 

判断がうまくいった時と失敗した時の振りかえりをしっかりして、次に活かす

運転し続けていると、判断が必要な場面がいっぱい訪れます。

なるべくなら、全ての判断を上手にしたいところですが、時には判断を誤ってしまうこともあります。

 

これは、どんなに運転経験がある方やスキルの高い方でもあることで、スキルが高い方は失敗する機会が少ないのは事実ですが、それでも皆無というわけではありません。

 

 

大事なのは、ご自身の運転を省みることです。うまくいったところも失敗したことも、できるだけ多くの場面を思い出して、ご自身で反省するようにしましょう。

 

うまくいったところは今後も継続して、失敗してしまったところは、次回以降修正していくことで、運転の質はどんどん高まっていきますし、判断力も向上します。

 

 

運転は、実行と反省の繰りかえしをすることにより、どんどん上達していくものです。もちろん、判断力も運転して省みてまた運転することで、どんどんと磨かれていきますので、運転したらなるべく多くのことを思い出して省みることにしましょう。

 

・なるべくなら、全ての判断を上手にしたいところですが、時には判断を誤ってしまうこともあります。
・うまくいったところも失敗したことも、できるだけ多くの場面を思い出して、ご自身で反省するようにしましょう。
・運転は、実行と反省の繰りかえしをすることにより、どんどん上達していくものです。

 

 

 

さいごに

運転の判断、とても迷いますし自分の判断が正しかったのかわからないときなんかもあるかと思います。

それでも、なるべく正確に運転することは求め続けられますし、理想の運転にむけて努力し続けることが大事です。

 

あとは、ご自身だけでなく周りの方々の動きによっても適切な判断というものが変わってきますので、柔軟に対応する力なんかも必要になってきます。

 

 

判断力が鍛えられると、運転や行動の視野が広がってくるため、ほんとに運転が楽しくなってきますし、どんどん運転したくなってきます。

 

なかなかうまくいかないことも多いかもしれませんが、つねに少しでも運転の判断力を鍛える意識をもって、運転と向き合っていただければと思います。

 

 

あらためて、今回のおさらいです・・・

・本やネットで運転について調べる
・どんどん運転して知識や経験を増やす
・判断がうまくいった時と失敗した時の振りかえりをしっかりして、次に活かす

 

ぜひ、ご自身が理想とする目標とする運転をめざすためにも、判断力を鍛えて運転がもっと身近で人生によりそうものになればと思います。

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転についてさまざまな情報をお届けします。よろしくおねがいします。

ツイッターもやっています、ぜひよろしくおねがいします。

 

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

初心者向け・コツ情報
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の35歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました