車のブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐには?!

使い方・見方

のっぴーです。

今回は、「車のブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐ」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

コンビニやコインパーキングの駐車場で、ブレーキとアクセルを踏み間違えたという事例をたまに耳にします。

 

免許を取得して運転している方からすると、そんなことありえるのかなと疑問に思うかもしれませんが、意外とブレーキとアクセルを踏み間違えるケースというのは多いみたいです。

 

 

原因としては、とっさのできごとで慌ててしまう場合や単純にうっかりミスで踏み間違える場合などがあります。

 

ブレーキとアクセルを踏み間違えてしまうと、停まろうと思っているのに、車は進んでいくため当然なにかに衝突することになります。

 

 

それが物であれど人であれど、悲惨(ひさん)なことには間違いありません。

やはり、運転していく者として、ブレーキとアクセルを正しく操作することは絶対であり、運転手としの責任でもあります。

 

のっぴー
のっぴー

では、ブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐにはどのようにすればいいのか、わかりやすく解説をしていきます。

 

 

 

車のブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐには?!

よくよく考えてみると、ブレーキペダルとアクセルペダルは近い位置にあります。

そのため、両方とも基本的には右足1本で操作することになります。

 

自分たちは、右足の位置をずらすことにより、ブレーキとアクセルを使い分けているのですが、その位置の認識をあやまることにより、踏み間違いが発生します。

 

 

とかく発進のときに踏み間違えるケースが多く、ブレーキペダルだと思って思いっきり踏んだら実はアクセルペダルで、勢いよく前か後ろに進んでしまい、なにかに衝突するというのが主な事例です。

 

踏み間違いに関しては、ご自身の意識や工夫で防ぐことができます。

しっかり対策をして、けっして踏み間違いを起こさないようにしましょう。

 

 

ポイントはこちら・・・

・ブレーキを踏みながらエンジンをかけて発進するまでブレーキを踏んだままにしておく
・一呼吸おいて落ちついて操作しはじめる
・踏み間違い防止グッズを購入して装着する

 

これらを意識あるいは工夫するだけで、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いは防げます。周りの方へご迷惑をおかけしないためにも、しっかり防止策を行いましょう。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく説明していきます。

車庫入れ.com様の「アクセルとブレーキの踏み間違え 運転」の記事もとても参考になります、ぜひご覧ください。

アクセルとブレーキの踏み間違え 運転
アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故は軽くない2019年4月に東京池袋で旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告の事故は大きく報道されました。飯塚元院長は事故により入院したことと、ドライブレコーダーの映像記録が押収できたことに加えて高齢

 

「正しいアクセルペダルの踏み方」や「正しいブレーキペダルの踏み方」、「ブレーキの遊びを上手に使うコツ」についての記事も、
よろしければご覧ください

正しいアクセルペダルの踏み方のコツとは?!【運転の基本を学びましょう】
アクセルペダルの踏み方だけでも、運転のスムーズさや安定感がかわります。正しい、アクセルペダルの踏み方とコツを身につけて、ご自身も周りの方も安心できる運転を目指しましょう。
正しいブレーキペダルの踏み方のコツとは?!【運転の基本を学びましょう】
ブレーキ操作は、アクセルより重要になりなす。ハンドル・アクセル・ブレーキは運転の肝です。正しいブレーキペダルの踏み方とコツを身につけて、安全と安心できる運転をめざしましょう。
ブレーキの遊びを上手に使うコツとは?!
ブレーキには遊びの部分があります。ブレーキの遊びを上手に使えると運転の幅が広がり、より安全で安心できる運転ができます。ぜひ、活用してみてください。

 

 

ブレーキを踏みながらエンジンをかけて発進するまでブレーキを踏んだままにしておく

エンジンをかけるときに意外とブレーキペダルを踏まないでかける方が多いです。

スマートキーの場合は、ブレーキペダルを踏みながらでないとエンジンがかかりませんが、発進まで踏み続けているという方は少ないみたいです。

 

そうすると、エンジンをかけた後にブレーキペダルを踏むことになるため、サイドブレーキをはずしてシフトレバーをドライブにしたときに、間違ってアクセルペダルを踏んでしまうと、勢いよく車は進んでしまいます。

 

 

ブレーキペダルは、エンジンをかける前からふみはじめて発進するまで、踏み続けていることをおすすめします。

そうすれば、サイドブレーキをはずしてドライブレンジにいれても、いきなり車が動くことはありません。

 

車が動かなければ、こちらから衝突する恐れはなくなりますので、発進するまで落ちついて余裕をもって操作ができます。

 

 

サイドブレーキの解除やシフトレバーのチェンジの際も、ブレーキペダルは踏んだままにしておくと、間違ってバックやドライブに入れていても、車は停まった状態になるので安心です。

 

・エンジンをかけるときに意外とブレーキペダルを踏まないでかける方が多いです。そうすると、、間違ってアクセルペダルを踏んでしまうと、勢いよく車は進んでしまいます。
・ブレーキペダルは、エンジンをかける前からふみはじめて発進するまで、踏み続けていることをおすすめします。
・サイドブレーキの解除やシフトレバーのチェンジの際も、ブレーキペダルは踏んだままにしておくと、間違ってバックやドライブに入れていても、車は停まった状態になるので安心です。

 

 

 

一呼吸おいて落ちついて操作しはじめる

何事も、落ちついて余裕をもって操作することが大事です。

発進の際は、特に周囲の確認に加えて操作手順の確認と正しい操作手順での発進が求められます。

 

この操作手順の確認をして発進する行為をおこたると、ブレーキとアクセルを間違えて大惨事になる可能性があるのです。

 

 

発進の操作をする際は、慌てることはございませんので、落ちついて確実に行うようにしましょう。操作する位置を指でさしながら確認するのも効果的です。

 

サイドブレーキをはずしてバックあるいはドライブレンジにギアをいれたら(このとき、ブレーキペダルは踏んだままにしておきましょう)、一呼吸おいて周囲をみまわしてから、ブレーキペダルからアクセルペダルへ足を移動させましょう。

 

 

実は、車を発進させるという行為はいままでずっと停まっていた車を動かす行為になるため、かなり気をつける必要があります。

 

また、車を発進するまでの準備が運転する際には、大事だったりしますので、とにかく落ちついて準備を整えてから発進するように心がけてください。

 

・何事も、落ちついて余裕をもって操作することが大事です。発進の際は、特に周囲の確認に加えて操作手順の確認と正しい操作手順での発進が求められます。
・サイドブレーキをはずしてバックあるいはドライブレンジにギアをいれたら、一呼吸おいて周囲をみまわしてから、ブレーキペダルからアクセルペダルへ足を移動させましょう。
・車を発進するまでの準備が運転する際には、大事だったりしますので、とにかく落ちついて準備を整えてから発進するように心がけてください。

 

 

 

踏み間違い防止グッズを購入して装着する

最近、ブレーキとアクセルの踏み間違いが多発しているため、踏み間違いを防止するグッズなんかも、開発・販売されております。

 

通常、ブレーキやアクセルはペダルを踏むことで動きますが、踏み間違い防止グッズではブレーキは通常通りですが、アクセルがレバーを足で横に押すと作動するシステムになります。

 

 

これにより、ブレーキとアクセルの動作のしかたが変わるため、踏み間違いの防止策になるということです。実際に、踏み間違い防止グッズをつけると、ほんとに踏み間違いがなくなるみたいです。

 

ブレーキやアクセルの操作に自信がない方や踏み間違いをよくして危ない思いをしているという方は、一度試してみるのもいいかもしれません。

 

 

踏み間違い防止グッズは、カー用品店か自動車ディーラーで販売して取りつけもできますので、ぜひ試してみてください。

 

・最近、ブレーキとアクセルの踏み間違いが多発しているため、踏み間違いを防止するグッズなんかも、開発・販売されております。
・踏み間違い防止グッズをつけると、ブレーキとアクセルの動作のしかたが変わるため、踏み間違いの防止策になるということです。
・踏み間違い防止グッズは、カー用品店か自動車ディーラーで販売して取りつけもできますので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

さいごに

車の運転では、いかに正しい操作を確実に行うかが極めて大事になります。

いわゆる、確実性と呼ばれるものです。

 

ブレーキとアクセルの踏み間違いをはじめ、慌てていたりうっかりミスで、操作を誤ると大惨事につながることも認識しておかなければいけません。

 

 

とはいっても、しっかり事前に準備や防止対策をしていれば、踏み間違いや他のミスも防ぐことができますので、自分自身と向き合ってご自身の運転の分析を定期的にしていくことが大事になります。

 

運転の分析をして、改善して運転してまた分析をするという繰りかえしをすることで、毎日の運転を安全で安心なものになりますので、ぜひ心がけていきましょう。

 

 

ブレーキとアクセルの踏み間違いを防止するポイントのおさらいです・・・

・ブレーキを踏みながらエンジンをかけて発進するまでブレーキを踏んだままにしておく
・一呼吸おいて落ちついて操作しはじめる
・踏み間違い防止グッズを購入して装着する

 

いろいろお話ししましたが、運転は楽しむことが第一優先になります。

運転を楽しむためにも、安全の確保は大事ですし、準備や対処が重要になりますので、しっかりやっていきましょう。

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転に役立つ情報をお伝えすることにより、みなさんのお役に立てればと思いますので、よろしくおねがいします。

 

車庫入れ.com様の「アクセルとブレーキの踏み間違え 運転」の記事もとても参考になります、ぜひご覧ください。

アクセルとブレーキの踏み間違え 運転
アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故は軽くない2019年4月に東京池袋で旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告の事故は大きく報道されました。飯塚元院長は事故により入院したことと、ドライブレコーダーの映像記録が押収できたことに加えて高齢

 

こちらの記事も、よろしければご覧ください

正しいアクセルペダルの踏み方のコツとは?!【運転の基本を学びましょう】
アクセルペダルの踏み方だけでも、運転のスムーズさや安定感がかわります。正しい、アクセルペダルの踏み方とコツを身につけて、ご自身も周りの方も安心できる運転を目指しましょう。
正しいブレーキペダルの踏み方のコツとは?!【運転の基本を学びましょう】
ブレーキ操作は、アクセルより重要になりなす。ハンドル・アクセル・ブレーキは運転の肝です。正しいブレーキペダルの踏み方とコツを身につけて、安全と安心できる運転をめざしましょう。
ブレーキの遊びを上手に使うコツとは?!
ブレーキには遊びの部分があります。ブレーキの遊びを上手に使えると運転の幅が広がり、より安全で安心できる運転ができます。ぜひ、活用してみてください。

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

使い方・見方
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました