ブレーキの遊びを上手に使うコツとは?!

初心者向け・コツ情報

のっぴーです。

今回は、「ブレーキの遊びを上手に使うコツ」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

運転が上手い人は、ブレーキの使い方がうまいとよく聞きます。

普段の走行もさることながら、停止するときにふんわり同乗者や周囲の交通の方々が不快にならないブレーキの踏み方ができる方が、一流の運転手といえます。

 

ブレーキの使い方がうまい方は、ブレーキのタイミングや踏む強さを熟知しているのと同時にブレーキの遊びも上手に使用しております。

 

 

ブレーキの遊びとは、ブレーキペダルを踏んで実際にブレーキがかかりはじめる強さまでに、若干の余裕をもたせている部分のことになります。

 

つまり、ブレーキペダルをほんの少し踏んだだけでは、ほとんどブレーキがかからないしくみになっているのです。

 

 

このブレーキの遊びを上手に使えると、運転の幅が広がるため、もっと安心して快適な運転をすることができるようになります。

 

今回は、ブレーキの遊びをどのように使うと効果的か詳しくお話ししていきます。

 

「ブレーキをもっと上手に使いたい」
「停止がうまくいかない」
「ヒヤリハットが最近多い」

 

のっぴー
のっぴー

という方は、ぜひご覧いただければと思います。

 

 

 

ブレーキの遊びを上手に使うコツとは?!

まずは、ご自身の乗る車がどのくらいの踏みこみの量で、どのくらいの強さのブレーキがかかるのかを認識する必要があります。

 

車によって、または新車からの期間や走行している距離によっても、ブレーキのかかり具合は変わってきますので、普段とは違う車に乗る場合などは、少しテスト走行してみて試してみることをおすすめします。

 

 

ブレーキの遊びも、車によって感覚が違いますので、何回か停止をしてみて、どのくらい遊びがあるかを認識するようにしましょう。

 

実際、ブレーキの遊びを使える場面はけっこうあります。

しっかり覚えて実戦で使えると運転レベルの向上にもなります。

ぜひ、やってみてください。

 

 

今回のポイントがこちらです・・・

・停止の際に早めにブレーキを軽く踏みはじめて停止位置を調整する
・狭い道や危ない状況で、いつでもすぐに停まれるように構えておく(構えブレーキ)
・幹線道路や高速道路での速度調整

 

赤信号・一時停止・高速道路などなど、使える場面や状況はさまざまありますので、ぜひ身につけて実際の運転に活かしていただければと思います。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しい解説をしていきます。

「正しいブレーキペダルの踏み方」や「車のブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐ」についての記事も、よろしければご覧ください。

正しいブレーキペダルの踏み方のコツとは?!【運転の基本を学びましょう】
ブレーキ操作は、アクセルより重要になりなす。ハンドル・アクセル・ブレーキは運転の肝です。正しいブレーキペダルの踏み方とコツを身につけて、安全と安心できる運転をめざしましょう。
車のブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐには?!
ブレーキとアクセルの踏み間違いが多発しております。いくつか防止する方法がありますので、しっかり防止対策をして安全安心な運転をしましょう。

 

 

 

停止の際に早めにブレーキを軽く踏みはじめて停止位置を調整する

ブレーキを使うのにもっとも重要な場面が、停止をするときです。

停止の際、ブレーキの踏み方によって停まる位置も変わりますし、車や身体にかかる負荷も変わります。

 

一番理想な停まり方は、余裕をもって停まりたい位置に停まれて、なおかつ同乗者や周りの交通の方々が不快にならない停まり方です。

 

 

そのためには、ブレーキを踏みはじめてから停まるまでの距離が長い方が、上手に停まりやすくなります。

ブレーキペダルを徐々に踏むことができるからです。

 

そのときに、ブレーキの遊びの部分を早めに踏んでおくことにより、ブレーキの調整がしやすくなり、停止位置の調整もしやすくなるのです。

 

 

しかも、停まるまでの距離が長い分、調整する時間も長くとれるので、心にも余裕をもってブレーキを操作できるのです。

 

停止を余裕をもってするためには、いかにブレーキの遊びを踏む時間をつくれるかがカギになります。

そのためにも、停止の際はなるべく早めにブレーキペダルを踏む意識をもつようにしましょう。

 

・ブレーキを使うのにもっとも重要な場面が、停止をするときです。
・ブレーキの遊びの部分を早めに踏んでおくことにより、ブレーキの調整がしやすくなり、停止位置の調整もしやすくなるのです。
・停止を余裕をもってするためには、いかにブレーキの遊びを踏む時間をつくれるかがカギになります。

 

 

 

狭い道や危ない状況で、いつでもすぐに停まれるように構えておく(構えブレーキ)

狭い道や交差点などでは、前後左右あらゆるところに危険がひそんでいるため、なにかあったらすぐに停まることができるように準備しておく必要があります。

 

アクセルである程度の速度まで出したら、アクセルペダルから足を離して、ブレーキペダルにペダルを移動しておくと、いつでも停まれることができます。

 

 

この、ブレーキペダルに足を構えておくことを構えブレーキといい、狭い道や交差点付近などでは有効な手段になります。

 

構えブレーキの際に、ブレーキの遊びの部分を上手に使用すると、いつでもすぐに車を停めることができるので、危険を回避することができます。

 

 

危険を感じてあらかじめ回避する能力と、いざとうときの危険な状況を回避する能力がある人は、最上級に安全な運転ができる人だといえます。

 

ぜひそのレベルまでめざしていただければと思いますので、そのためにも構えブレーキとブレーキの遊びの部分での調整をぜひ身につけることをおすすめします。

 

・狭い道や交差点などでは、なにかあったらすぐに停まることができるように準備しておく必要があります。
・構えブレーキの際に、ブレーキの遊びの部分を上手に使用すると、いつでもすぐに車を停めることができるので、危険を回避することができます。
・危険を感じてあらかじめ回避する能力と、いざとうときの危険な状況を回避する能力がある人は、最上級に安全な運転ができる人だといえます。

 

 

 

幹線道路や高速道路での速度調整

幹線道路や高速道路は、速い速度で走行できるように設計されていることもあり、ついつい速くなってしまいがちです。

 

最近は、日本の交通網の高速化が進んでいるため既存の幹線道路や高速道路に加えて、新しくできる道路に関しても、どんどん速い速度で走行できりようなしくみになってきています。

 

 

そうなると、知らぬ間に制限速度を大幅に超える速度で走行してしまうこともでてくるかと思います。

または、ご自身が走行したい速度よりも速度が出すぎてしまうことも考えられます。

 

その際に、ブレーキの遊びを使って微妙な速度調整をすると、速度を落とすことができるのです。

特に、下り坂はアクセルから離しただけでは速度が落ちませんので、ブレーキの遊びの部分を使うと効果的に減速することができるのです。

 

 

ただし、あまりこまめにブレーキを使用しすぎると後続車が運転しずらくなり、ご迷惑となってしまいますので、後続車に気をつかいながら行うといいでしょう。

 

幹線道路や高速道路では、一定の速度で走行できるのが理想ですが、カーブや起伏があるとなかなか難しいかと思います。

もし、速度がですぎてしまっている状況がうまれたら、ブレーキの遊びを使ってぜひ速度調整してみてください。

 

・幹線道路や高速道路は、速い速度で走行できるように設計されていることもあり、ついつい速くなってしまいがちです。
・知らぬ間に速度が速くなってしまったときは、ブレーキの遊びを使って微妙な速度調整をすると、速度を落とすことができるのです。
・あまりこまめにブレーキを使用しすぎると後続車が運転しずらくなり、ご迷惑となってしまいますので、後続車に気をつかいながら行うといいでしょう。

 

 

 

さいごに

ブレーキの遊びはいろいろな場面や状況で使えます。

実際に、ブレーキの遊びを使っている人と使っていない人では、運転のスムーズや安定感が変わってきます。

 

一番は、ブレーキを踏むタイミングが早くとれるところにメリットがあります。

ブレーキが早く踏めれば踏めるほど、とっさの状況のときにすぐに停まることができるので、より安全だといえます。

 

 

車を運転していると、正直いつ危険にでくわすかわかりません。

ただ、いつ危険な状況がきても適切な対応ができるように準備しておく必要はあります。

 

ブレーキの遊びの部分を使用するのも、その準備の1つです。

ぜひ、上手なブレーキの遊びの使い方を身につけて、より安全に安心できる運転をめざしていただければと思います。

 

 

今回のポイントのおさらいです・・・

・停止の際に早めにブレーキを軽く踏みはじめて停止位置を調整する
・狭い道や危ない状況で、いつでもすぐに停まれるように構えておく(構えブレーキ)
・幹線道路や高速道路での速度調整

 

運転においてブレーキは生命線になります。

ブレーキワークがうまい人は運転レベルが高い人とほぼ一致しますので、運転レベルをあげたい方は、まずはしっかりとしたブレーキの使い方を身につけるといいでしょう。

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転に関するさまざまなお役立ち情報を発信していきます、よろしくおねがいします。

こちらの記事も、よろしければご覧ください。

正しいブレーキペダルの踏み方のコツとは?!【運転の基本を学びましょう】
ブレーキ操作は、アクセルより重要になりなす。ハンドル・アクセル・ブレーキは運転の肝です。正しいブレーキペダルの踏み方とコツを身につけて、安全と安心できる運転をめざしましょう。
車のブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐには?!
ブレーキとアクセルの踏み間違いが多発しております。いくつか防止する方法がありますので、しっかり防止対策をして安全安心な運転をしましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

;

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

初心者向け・コツ情報
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました