スポンサーリンク

交差点の安全確認で徹底することとは?!【安全・安心を確保しましょう】

ルール・マナー

のっぴーです。

今回は、「交差点の安全確認で徹底すること」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

交差点には危険がいっぱいひそんでおります。交差点では、車・バイク・自転車・歩行者が行きかいますので、どうしても距離が近くなる状況が増えます。

 

交差点で、安全確認が不十分だと他の交通の方と衝突する恐れがあります。

交差点ではの運転では周囲の確認の徹底と、徐行や一時停止を上手に使うことが必要です。

 

交差点では、どのようなところに確認を徹底すればいいかというポイントがいくつかあります。

しっかり理解して、運転の鬼門でもある交差点でも、安全に運転していけるようにしましょう

 

「交差点の運転が苦手」
「交差点で確認するべきことがわからない」
「交差点でヒヤリハットが多い」

 

のっぴー
のっぴー

という方には、おすすめの記事です。

 

 

 

交差点の安全確認で徹底することとは?!

交差点では、あらゆる方向から危険がやってきます。

そのため、まず四方八方の確認が大事になってきます。

 

ミラーや目視を使用して、できれば首を大きく振って、すまずみまで見渡すように心がけてください。

車の左後方は死角と呼ばれる部分のため、特に注意が必要です。

 

 

また、交差点内は速度をひかえめにできれば徐行をして、少しでも危ない気配を感じたらすぐ停まるようにしましょう。

横断歩道の手前では必ず停止して左右の確認ができるとベストです。

 

交差点内に入ったら完全に出るまで、確認することだらけですが、気を引き締めて確認を徹底するように心がけてください。

 

 

交差点での確認のポイントはこちら・・・

 

・バイクや自転車の巻きこみがないか
・横断歩道で歩行者や自転車が渡っていないか
・周囲の車の動きや交差点の前方の道路の状況

 

ご自身以外の他の交通の方の動きの確認が主になります。

結局、交差点では他の交通の方とのかねあいになってきますので、他の方がどのような動きをしている、あるいはしてくるのかの確認はとても大事です。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく解説していきます。

けんたろうさんの、「慣れない道、よくわからない交差点。うまく走るコツはありますか!?」の動画もとても参考になります、ぜひご覧ください。

 

「交差点での左折の正しいタイミング」や「交差点で一時停止するべき場所や状況」、「交差点での優先順位」についての記事も、ぜひご覧ください

https://noppy611224.com/leftturn-timing/

交差点で一時停止するべき場所や状況とは?!
交差点では、一時停止をする機会が意外と多いです。一時停止するべき場所や状況を認識してより安全に安心できる運転をしていきましょう。
交差点での優先順位とは?!【直進・左折・右折の優先順位を解説】
交差点では、いく方向や道路幅などによって優先順位が決まっております。ルールをしっかり理解して守っていきましょう。

 

 

 

バイクや自転車の巻きこみや進行がないか

交差点を右左折、特に左折するときにバイクや自転車を巻きこんで、あるいは車の横とバイクや自転車の正面が衝突することが多発しております。

 

右左折時は、前輪タイヤより後輪タイヤの方が内側を通過する、いわゆる内輪差が生まれるのと、車と車のあいだをバイクや自転車がすり抜けていくことを想定しておく必要があります。

 

 

バイクや自転車は、車にあたらないと思ってものすごい速度で交差点を走行してくることがあります、それにも対応しなければなりません。

 

前後左右の確認を必要以上に徹底することと、ゆっくり慎重にハンドルとアクセルを操作すると、安全な右左折が可能になります。

 

 

バイクや自転車は、急にわけのわからない方向から現れる可能性がありますので、その意識をもって首をふって、あらゆる場所の確認を徹底するようにしましょう。

 

・交差点を右左折、特に左折するときにバイクや自転車を巻きこんで、あるいは車の横とバイクや自転車の正面が衝突することが多発しております。
・バイクや自転車は、車にあたらないと思ってものすごい速度で交差点を走行してくることがあります、それにも対応しなければなりません。
・バイクや自転車は、急にわけのわからない方向から現れる可能性がありますので、その意識をもって首をふって、あらゆる場所の確認を徹底するようにしましょう。

横断歩道で歩行者や自転車が渡っていないか

直線でも右左折でも、交差点の最後には横断歩道があります。

横断歩道では、歩行者や自転車が通行で利用しているため、渡っていないかどうかの確認が必要です。

 

直線の場合、こちらの信号は青信号で横断歩道は赤信号になりますが、信号無視して渡ってくる歩行者や自転車がいるかもしれないので、念のための確認はするようにしましょう。

 

 

横断歩道で歩行者や自転車が渡っている場合は、歩行者や自転車が優先になります。

また横断歩道を渡ろうとしている人も優先になりますので、渡り終わるまで、横断歩道の手前で停止して待つようにしましょう。

 

歩行者や自転車が急に飛びだしてくることもありますので、できれば横断歩道の手前では徐行あるいは停止することをおすすめします。

 

 

最近、歩行者や自転車の動きも多様化してきていて、正直読みづらくなっております。対応していくためには、周囲の確認の徹底とあやしいと感じたら、すぐに停まるように意識しましょう。

 

・横断歩道では、歩行者や自転車が通行で利用しているため、渡っていないかどうかの確認が必要です。
・横断歩道で歩行者や自転車が渡っている場合は、歩行者や自転車が優先になります。また横断歩道を渡ろうとしている人も優先になりますので、渡り終わるまで、横断歩道の手前で停止して待つようにしましょう。
・最近、歩行者や自転車の動きも多様化してきていて、正直読みづらくなっております。対応していくためには、周囲の確認の徹底とあやしいと感じたら、すぐに停まるように意識しましょう。

周囲の車の動きや交差点の前方の道路の状況

交差点では、周囲の車の動きも気にしなければいけません。

車もご自身の予測がつかない動きをする可能性があるためです。

 

たとえば直線の際に、交差点内でいきなり横の車が車線変更してきたり(交差点内での車線変更は本来は交通ルール違反です)右折の際に、対向の右折車が必要以上にふくらんできて、衝突しそうになったりなどなど、意外と気をつけてないといけないポイントは多いです。

 

 

交差点を過ぎたあとの、道路の状況がどうなっているのかの確認も大事です。

前方がつまっているのに無理矢理つっこんでしまうと、他の交通の邪魔になり迷惑になる可能性がありますので、気をつけなければいけません。

 

普段走行しない慣れていない道の場合、交差点を過ぎた先が何車線あるか、次の信号までどのくらい距離があるのかなどがわからないケースが多いため、より慎重な運転が求められます。

 

 

交差点では、現状の周囲の確認と先の状況を予測する2つの行為を一緒にしなければいけないため、とても労力と神経をつかいます。

 

しかし、それくらい集中して交差点での運転ができれば、危ない思いをすることもなく、安全で安心できる運転ができるかと思います。ぜひ、安全安心をめざして運転していきましょう。

 

・交差点では、周囲の車の動きも気にしなければいけません。車もご自身の予測がつかない動きをする可能性があるためです。
・交差点を過ぎたあとの、道路の状況がどうなっているのかの確認も大事です。前方がつまっているのに無理矢理つっこんでしまうと、他の交通の邪魔になり迷惑になる可能性があります。
・交差点では、現状の周囲の確認と先の状況を予測する2つの行為を一緒にしなければいけないため、とても労力と神経をつかいます。しかし、それくらい集中して交差点での運転ができれば、危ない思いをすることもなく、安全で安心できる運転ができるかと思います。

交差点をより安全に通行するために、足元をしっかり固めましょう

交差点をより安全にスムーズに通行するためには、足元をしっかりすることも大事です。

車でいう足元とは、タイヤのことになります。タイヤは、数ある車の部品のなかでも重要な部品となり、しっかりしたタイヤをはくことにより安定した走行が実現できるため、交差点の安定感もより増します。

 

タイヤは消耗品のため、こまめなメンテナンスと早めの交換を心がけるようにしましょう。

 

 

 

私がおすすめするタイヤは2種類!

最近、各タイヤメーカー様がさまざまなタイヤを販売しておりますが、そのなかで私がおすすめしたいのが、ブリヂストン様の「REGNO GR-XⅡ」「Playz PXⅡ」です。

 

「REGNO GR-XⅡ」は、タイヤシェア国内NO.1のブリヂストン様のなかでも最高性能のタイヤで、特にハンドルの応答性が高いため右左折やカーブ、車線変更での走行が安定します。

 

さらに、走行音が静かで段差などからの衝撃を軽減する特徴もあり、そのうえ低燃費とすべての項目において高い水準をほこるタイヤです。

 

 

通勤・通学やご近所への買い物が多い方におすすめのタイヤです。

 

(車種やグレードによってタイヤのサイズがことなりますので、ご自身の車のタイヤサイズを調べたうえで、適合するサイズを選んで購入をおねがいします。)

 

 

「Playz PXⅡ」もタイヤシェア国内NO.1のブリヂストン様より販売されているタイヤで、運転中の疲れにくさや雨などの悪天候の影響を受けにくいことに特化した高性能タイヤです。

 

濡れた路面でも、しっかり曲がれてしっかり停まれるため交差点での走行がより安定します。
さらに、低燃費で丈夫で長持ちするのも特徴です。

 

高速道路の走行が多い方や、長距離の運転をよくされる方におすすめのタイヤです。

 

(車種やグレードによってタイヤのサイズがことなりますので、ご自身の車のタイヤサイズを調べたうえで、適合するサイズを選んで購入をおねがいします。)

 

 

 

ご自身の車にあわせてピッタリのタイヤをかんたんに検索・購入・交換予約ができる「TIREHOOD(タイヤフッド)」様もおすすめ

運転のしかたやスタイルは人それぞれ、タイヤ購入や交換のしかたも人それぞれ。

 

 

自分にとってどのようなタイヤがいいかわからない
自分の車種にあうタイヤがどれかわからない
タイヤを購入するのはいいとして、交換の予約もあわせておねがいしたい

 

という方には、タイヤ販売サイトの「TIREHOOD(タイヤフッド)」様がおすすめです。

 

「TIREHOOD(タイヤフッド)」様なら、ご自身の車の車種を入力するだけで、その車種にあうタイヤのなかからおすすめのタイヤが表示されるため、かんたんにご自身にピッタリのタイヤを選ぶことができます。

 

 

さらに、大手カー用品店の「オートバックス」様と提携されているため、全国のオートバックスでのタイヤ交換の予約を同時にすることもできます。

 

その他、全国約4800店舗のお店でタイヤの交換が予約可能です。

 

 

タイヤ選びや交換場所にお困りの方は、ぜひ「TIREHOOD(タイヤフッド)」様をご利用ください!

 

「TIREHOOD(タイヤフッド)」様のホームページはこちらになります。
ご自身にピッタリのタイヤをみつけて、よりよい運転ライフを送りましょう!
TIREHOOD|タイヤフッド

 

 

さいごに

交差点には魔物がすんでいるともいわれております。

トラブルが少ない交差点もあれば、なぜかトラブルが頻繁(ひんぱん)に起こる交差点もあります。

 

交差点も、道路形状や信号の配置、周囲の建物などの影響で変わってきます。

また、同じ交差点でも曜日や時間帯、天候によっても大きく違いがでるのです。

 

 

自分たちにできることとすれば、どのような状況や形状の交差点でも、周りの交通状況に合わせながら、より確実な運転をしていくことです。

 

そのためにも、普段からの安全への意識と、周りの交通の方への思いやりと配慮をもつことは大事になりますので、意識していきましょう。

 

今回のポイントとおさらいです・・・

 

・バイクや自転車の巻きこみがないか
・横断歩道で歩行者や自転車が渡っていないか
・周囲の車の動きや交差点の前方の道路の状況

 

交差点内は、確認しないといけないことがいっぱいあります。

つまり、交差点での確認がしっかりできる人は運転が上手な人だともいえます。

 

運転の基本ができれば、交差点での確認の徹底も確実にすることができます。

そして、ご自身の運転レベルの向上にもなりますので、ぜひ心がけてください。

 

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転に関するお役立ち情報を発信して参りますので、よろしくおねがいします。

 

 

けんたろうさんの、「慣れない道、よくわからない交差点。うまく走るコツはありますか!?」の動画もとても参考になります、ぜひご覧ください。

 

こちらの記事も、よろしければご覧ください

交差点での左折の正しいタイミングとは?!
交差点での左折のタイミングは、なかなか難しいものがあります。適切なタイミングをしっかりつかんでより安全で安心な運転に努めましょう。
交差点で一時停止するべき場所や状況とは?!
交差点では、一時停止をする機会が意外と多いです。一時停止するべき場所や状況を認識してより安全に安心できる運転をしていきましょう。
交差点での優先順位とは?!【直進・左折・右折の優先順位を解説】
交差点では、いく方向や道路幅などによって優先順位が決まっております。ルールをしっかり理解して守っていきましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください

 

タイヤは消耗品のため、こまめなメンテナンスと早めの交換を心がけるようにしましょう。

 

(車種やグレードによってタイヤのサイズがことなりますので、ご自身の車のタイヤサイズを調べたうえで、適合するサイズを選んで購入をおねがいします。)

 

ご自身の運転スタイルにあうタイヤやご自身の車のタイヤサイズがわからないという方は、「TIREHOOD(タイヤフッド)」様がおすすめ

TIREHOOD|タイヤフッド

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

ルール・マナー
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の35歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました