運転のプロが教える!徐行するべき場所とは?!

ルール・マナー

のっぴーです。

今回は、「徐行するべき場所」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

車を運転していると、徐行をする場面が意外と多くあります。

運転していくうえで、徐行がしっかりできることは大事です。

 

危険な思いをするときは、だいたい停まるべきところで停まらなかったり、徐行するべきところで徐行しないのが原因のことがとても多いのです。

 

 

徐行するポイントや場面で、確実にしっかり徐行できる人は、安全意識も運転レベルも高い人だといえます。

 

では、どういうときに徐行すればいいのか、詳しくお話しして参ります。

 

「徐行する場面がわからない」
「徐行する理由がわからない」
「ヒヤリハットが多い」

 

 

のっぴー
のっぴー

という方は、ぜひご覧ください。

 

 

 

徐行するべき場所とは?!

徐行がしっかりできないと、もしものときに対応ができなくなります。

運転では、ご自身が想像している以外のことが、つぎつぎと起こります。

 

ご自身以外にも、車・バイク・自転車・歩行者が道路を使用しておりますので、そちらの方々へ思いやりと配慮のある運転をするためには、やはり徐行は必要になります。

 

 

徐行するべき場所をしっかりおさえて、あとは臨機応変に徐行が必要だと感じたところでは、しっかりと速度を落として徐行するようにしましょう。

 

今回のポイントはこちらです・・・

・狭い道
・見通しの悪い交差点や横断歩道の手前
・駐車場

 

主にこちらの3ヵ所になります。

どちらの場所も、不意になにかが起きる場所になりますので、運転中は細心の注意を払うようにしましょう。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく解説していきます。

井手様の「「徐行」とは何キロの速度?ローギアやエンジンブレーキの速度の事?」の記事もとても参考になります、ぜひご覧ください。

「徐行」とは何キロの速度?ローギアやエンジンブレーキの速度の事? | 車と交通の雑学館
徐行という標識を見てあなたは速度何キロで走っていますか?ローギアに落としたりエンジンブレーキをかける事だと思っている人も多いようです。この記事では、徐行の速度は何キロか決まっているのか?徐行の意味やローギアやエンジンブレーキをかけて走行する意味について解説しています。

 

「正しい徐行の意味」や「車の死角で気をつけたいことと対策」についての記事も、よろしければご覧ください。

正しい徐行の意味とは?!【運転の基本を学びましょう】
運転していると、徐行が必要な場面がいっぱいあります。徐行がしっかりできることは、運転の上達には絶対に必要です。正しい徐行の意味を理解して、実際の運転でも上手にできるようにしましょう。
車の死角で気をつけたいことと対策とは?!
車は、性質・構造上どうしても死角が生まれます。死角には、危険がいっぱいつまってますので、しっかり注意と対策をして安全運転に努めましょう。

 

 

 

 

狭い道

車どおしがすれ違いギリギリぐらいの狭い道では、徐行の必要があります。

いつ対向車がきてもいいように準備しておきましょう。

 

対向車とのすれ違いも慣れていないと難しいですが、なるべく道幅の広いスペースですれ違うようにして、とにかく慎重に行うと安全にできます。

 

 

狭い道を走行する速度の目安は、制限速度の範囲におさえることを意識して、必要があれば徐行していつでも停まれるようにしておくのがベストです。

 

狭い道では、対向車だけでなく人や自転車とのすれ違いも苦労しますし、電柱や障害物があるとそちらを避けて運転しないといけないので、周囲の確認の徹底が大事になります。

 

 

とはいっても、徐行と周囲の確認の徹底がしっかりできていれば、狭い道もそつなく運転できますので、怖がらずに機会があるときは、どんどん運転していきましょう。

 

・車どおしがすれ違いギリギリぐらいの狭い道では、徐行の必要があります。
・狭い道を走行する速度の目安は、制限速度の範囲におさえることを意識しましょう。
・狭い道では、周囲の確認の徹底が大事になります。

 

 

見通しの悪い交差点や横断歩道の手前

交差点や横断歩道では、他の交通の方々が多く行きかいます。

いろいろな方がさまざまな方向に行くので、その分危険性も高くなります。

 

特に見通しの悪い交差点では、先の状況がまったくわからないため徐行は確実に必要になります。いつでも停まれるくらいまで速度を落として走行しましょう。

 

横断歩道の手前でも、いつ歩行者や自動車が飛びだしてくるかわからないため、できるだけ徐行することをおすすめします。

 

 

交差点や横断歩道は、どこから危険がやってくるのかわからないため、突然思いがけないことが起きたりします。

 

それに、適切に対応していくためにも、徐行するクセをつけることと、なにかあったらすぐにでも停まるように心がけていきましょう。

 

・交差点や横断歩道では、他の交通の方々が多く行きかいます。
・交差点や横断歩道は、どこから危険がやってくるのかわからないため、突然思いがけないことが起きたりします。
・徐行するクセをつけることと、なにかあったらすぐにでも停まるように心がけていきましょう。

 

 

駐車場

実は、駐車場も徐行したければいけないポイントになります。

駐車場とは、ご自宅とかの駐車場というよりはショッピングセンターや高速道路のサービスエリアなどの、駐車スペースが多い駐車場があてはまります。

 

駐車場では、前進だけでなく駐車のためあるいは駐車スペースからでるために後退してる車もいます。つまり、とる行動が車によって違いがあります。

 

 

そのため、他の車がどういう行動をとるか読みづらいところがあります。

予想外な動きをされることもありますので、それに対応するためには徐行が必要になります。

 

駐車場内での速度は、基本的には時速20キロ以下で、なるべくなら時速15キロ以下におさえると安全性が高まります。

 

 

また、前方にいる車が駐車しようとしている場合や、前方の駐車スペースから車が出ようとしていた場合は、車の間隔をつめないように、少し車間距離をあけて停まって、前にいる車の動きが落ちついてから、前進するようにしましょう。

 

・駐車場も徐行したければいけないポイントになります。
・駐車場では、他の車がどういう行動をとるか読みづらいところがあります。
・駐車場内での速度は、基本的には時速20キロ以下で、なるべくなら時速15キロ以下におさえると安全性が高まります。

 

 

さいごに

徐行がしっかりできる方は、ほんとに運転が上手な方です。

徐行するべきところでの徐行や停止するべきところでの停止は、車を扱う以上は、絶対にやらなければいけないことです。

 

しかし正直なところ、徐行と停止がしっかりできない方が多いのが現状です。

今一度、ご自身がしっかり徐行や停止ができているか、みつめ直すのもいいかもしれません。

 

 

また、これから運転に慣れる方や運転技術を上達させたい方は、まずは徐行と停止の練習をするとよろしいでしょう。

ご自宅の近所でかまいませんので、徐行と停止をくりかえし練習してみましょう。

 

徐行をしっかりして、より安全で周りの方がみて安心できる運転をめざしましょう。

 

 

今回のポイントのおさらいです・・・

・狭い道
・見通しの悪い交差点や横断歩道の手前
・駐車場

 

周りへの思いやりや配慮のある運転が大事ですが、徐行することも、周りへの思いやりや配慮につながります。

周りの方が安心して道路を使用できるように、意識していきましょう。

 

今後も、運転に関する情報を発信してみなさんのお役に立てればと思いますので、よろしくおねがいします。

井手様の「「徐行」とは何キロの速度?ローギアやエンジンブレーキの速度の事?」の記事もとても参考になります、ぜひご覧ください。

「徐行」とは何キロの速度?ローギアやエンジンブレーキの速度の事? | 車と交通の雑学館
徐行という標識を見てあなたは速度何キロで走っていますか?ローギアに落としたりエンジンブレーキをかける事だと思っている人も多いようです。この記事では、徐行の速度は何キロか決まっているのか?徐行の意味やローギアやエンジンブレーキをかけて走行する意味について解説しています。

こちらの記事も、よろしければご覧ください。

正しい徐行の意味とは?!【運転の基本を学びましょう】
運転していると、徐行が必要な場面がいっぱいあります。徐行がしっかりできることは、運転の上達には絶対に必要です。正しい徐行の意味を理解して、実際の運転でも上手にできるようにしましょう。
車の死角で気をつけたいことと対策とは?!
車は、性質・構造上どうしても死角が生まれます。死角には、危険がいっぱいつまってますので、しっかり注意と対策をして安全運転に努めましょう。

 

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

ルール・マナー
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

  1. […] こちらの記事もご参考ください 運転のプロが教える!徐行するべき場所とは?! […]

タイトルとURLをコピーしました