正しい徐行の意味とは?!【運転の基本を学びましょう】

ルール・マナー

のっぴーです。

今回は、「正しい徐行の意味」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

みなさん、運転していて危ないなと思うところや状況では、ゆっくり慎重に走行されているかと思います。

しかし、その速度も車によってまちまちで、統一されていません。

 

交通ルールとしては、狭い道や見とおしの悪い交差点などでは、徐行をするように決められております。

たしかに、狭い道や見とおしの悪い交差点では速度の出しすぎは危険きわまりないです。

 

 

そのため、徐行をしなければいけませんが、ここで気になるのが徐行の正しい意味です。

果たして、徐行の正しい意味とはどういうものなのか、今回詳しい解説していきます。

 

のっぴー
のっぴー

「狭い道や見とおしの悪い交差点をよく走行する方」

「ヒヤリハットなどの危ない場面によく遭遇(そうぐう)される方」

「徐行の意味がいまいちよくわからないという方」

 

ぜひご覧頂いて、すぐにでも実用して頂ければと思います。

 

 

正しい徐行の意味とは?!

そもそも運転に徐行は必要なのか、答えはイエスです。

日本は、国土が狭いですし山間部が多いがゆえに、狭い道や曲がりくねった道が多くあります。

 

これらの道で、普段の幹線道路と同じような速度で走っていたら、絶対に危険です。

となると、速度を落とす必要があり、徐行する必要がでてきます。

 

 

徐行は、ここでしなければいけないと決められている場所もありますが、基本的には運転手の判断に任せられています。

つまり、ご自身で徐行が必要な状況を判断しなければいけません。

 

ここで、大切なのが少しでも危ないと感じたら徐行するあるいは車を停止するクセをつけることです。

危ないと思ったら、すぐ速度を落とすそして停止する。この意識があれば、かなり安全性が高まります。

 

 

そのためにも、徐行の意味をしっかり理解して実際の状況で使えるようにしましょう。

 

徐行の主な意味がこちら・・・

 

・車がすぐに停められる速度で進むこと
・目安としては、時速10キロ未満で、ブレーキ操作してから停止までの距離が1メートル以内の速度
・徐行が必要なところでは、速度を出しても制限速度内におさえましょう

 

今回は、徐行の正しい意味から若干応用に踏みこんだところまで説明していきます。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、順番に説明をします。

井手様の「「徐行」とは速度何キロ?ローギアやエンジンブレーキで走行する意味!」の記事もとても参考になります、ぜひご覧ください。

「徐行」とは何キロの速度?ローギアやエンジンブレーキの速度の事? | 車と交通の雑学館
徐行という標識を見てあなたは速度何キロで走っていますか?ローギアに落としたりエンジンブレーキをかける事だと思っている人も多いようです。この記事では、徐行の速度は何キロか決まっているのか?徐行の意味やローギアやエンジンブレーキをかけて走行する意味について解説しています。

 

「正しい停止線で停まる位置」と「ヒヤリハットから学ぶべきこと」、「徐行するべき場所」についての記事も、よろしければご覧ください。

正しい停止線での停まる位置とは?!【3つポイントがあります】
停止線で停まる位置は、人によってまちまちですが正式な交通ルールがあります。正しく理解して正しく守れば、みなさんがより快適で楽しい運転ができます。
404 NOT FOUND | のっぴードライブログ
運転と情報を楽しもう!
運転のプロが教える!徐行するべき場所とは?!
徐行するべきところで徐行することは、運転において非常に大事です。徐行するべきポイントをおさえて安全で安心できる運転をめざしましょう。

 

 

 

車がすぐに停められる速度で進むこと

まず、徐行の定義として、車がすぐに停められる速度で進むことをさします。

つまり、アクセスからブレーキに移行してすぐに停められるような速度で運転する必要があります。

 

状況によっては、アクセスからは足を離して、ブレーキペダルの方に構えておく、いわゆる構えブレーキが必要になる場合もあるかと思います。

とにかく、少しでも怪しいとか危ないと思ったら、停まれるようにしておきます。

 

 

徐行と同時に、周囲の確認の徹底も大事になりますので、徐行が必要なところではミラーや目視で常に注意深くあたりを見渡すようにしましょう。

 

徐行のポイントとしては、焦らないで慎重に運転することです。

先へ先へと前へいきたい気もちもわかりますが、その気もちをおさえて時間をかけて走行していくことが大事です。

 

・徐行の定義として、車がすぐに停められる速度で進むことをさします。
・少しでも怪しいとか危ないと思ったら、停まれるようにしておきます。
・徐行のポイントとしては、焦らないで慎重に運転することです。焦らずに時間をかけて走行しましょう。

 

 

 

目安としては、時速10キロ未満で、ブレーキ操作してから停止までの距離が1メートル以内の速度

徐行の具体的な数値の目安としては、時速10キロ未満の走行で、かつブレーキを操作してから停止するまでの距離が1メートル以内の速度になります。

 

これが、先ほどでお話しした車がすぐに停められる速度になります。

時速10キロというと、だいぶ遅く感じるかと思いますが、徐行が必要な場所ではこのくらい遅い速度で運転する必要があるということです。

 

 

やはり、徐行が必要な場所では、いつどこから車や自転車、歩行者が飛び出してくるのかわかりませんので、常に車を停止できる準備をしておくことは必須です。

 

スピードメーターをみながら、特に徐行が必要だと感じるところでは、時速10キロ未満で焦らずに運転していきましょう。

そして、危ないと思ったらすぐに停止することを心がけていきましょう。

 

・徐行の具体的な数値の目安としては、時速10キロ未満の走行で、かつブレーキを操作してから停止するまでの距離が1メートル以内の速度になります。
・徐行が必要な場所では、いつどこから車や自転車、歩行者が飛び出してくるのかわかりませんので、常に車を停止できる準備をしておくことは必須です。
・スピードメーターをみながら、特に徐行が必要だと感じるところでは、時速10キロ未満で焦らずに運転していきましょう。

 

 

徐行が必要なところでは、速度を出しても制限速度内におさえましょう

といっても、場所や状況にもよりますが、だいたいの場合は時速10キロ未満でずっと走行していると、かえって周りの方へご迷惑になりますし、ご自身も気疲れしてきてしまうかと思います。

 

ただ、徐行が必要なところではやはり速度を出しすぎることは危険なので、速度をだしても制限速度内におさえるようにしましょう。

 

 

制限速度は、道路によって安全に走行できる速度で設定されています。

特に、狭い道では制限速度の確認と制限速度内の速度で走行することを意識しましょう。

 

ただ、先の見とおしの悪いところや危険に感じるところでは、時速10キロ未満あるいは直ぐに車が停められる速度まで、速度を落として走行するようにしましょう。

 

 

そのあたりの状況判断をするためには、知識と経験が必要になりますので、運転を重ねてどんどん状況判断能力を磨いていくのも大事になります。

まだ知識や経験のない最初のうちは、セーフティに必要以上に徐行や停止をしていくのがよろしいかと思います。

 

・徐行が必要なところではやはり速度を出しすぎることは危険なので、速度をだしても制限速度内におさえるようにしましょう。
・制限速度は、道路によって安全に走行できる速度で設定されています。制限速度の確認と制限速度内の速度で走行することを意識しましょう。
・先の見とおしの悪いところや危険に感じるところでは、時速10キロ未満あるいは直ぐに車が停められる速度まで、速度を落として走行するようにしましょう。

 

 

 

さいごに

徐行をする場面は、実に数多くあります。

時には、広い幹線道路でも、横断歩道の手前や停止車両の横を通過する時などは、歩行者や自転車との衝突をさけるために、徐行が必要になります。

 

つまり、徐行ができなければ運転していて危険すぎるということです。

運転を上達させるためには、速度を出すことよりも、いかに徐行を上手にできるかの方が重要になります。

 

 

まずは、各道路で決められている制限速度をしっかり守って、必要に応じて制限速度よりも速度を落として運転、あるいは徐行して運転することを心がけていれば、安全への意識はバッチリです。

 

今回の、徐行の正しい意味を理解して、ぜひ今後の運転に役立てて頂ければと思います。

 

 

今回の徐行の正しい意味のおさらいです・・・

 

・車がすぐに停められる速度で進むこと
・目安としては、時速10キロ未満で、ブレーキ操作してから停止までの距離が1メートル以内の速度
・徐行が必要なところでは、速度を出しても制限速度内におさえましょう

 

いろいろ徐行の意味についてお話ししましたが、とにかく怪しいとか危ないと思ったら、すでに停まるという意識をもっていれば、自然と徐行ができるかと思いますので、意識して実践していきましょう。

井手様の「「徐行」とは速度何キロ?ローギアやエンジンブレーキで走行する意味!」の記事もとても参考になります、ぜひご覧ください。

「徐行」とは何キロの速度?ローギアやエンジンブレーキの速度の事? | 車と交通の雑学館
徐行という標識を見てあなたは速度何キロで走っていますか?ローギアに落としたりエンジンブレーキをかける事だと思っている人も多いようです。この記事では、徐行の速度は何キロか決まっているのか?徐行の意味やローギアやエンジンブレーキをかけて走行する意味について解説しています。

 

よろしければ、こちらの記事もご覧ください。

正しい停止線での停まる位置とは?!【3つポイントがあります】
停止線で停まる位置は、人によってまちまちですが正式な交通ルールがあります。正しく理解して正しく守れば、みなさんがより快適で楽しい運転ができます。
404 NOT FOUND | のっぴードライブログ
運転と情報を楽しもう!
運転のプロが教える!徐行するべき場所とは?!
徐行するべきところで徐行することは、運転において非常に大事です。徐行するべきポイントをおさえて安全で安心できる運転をめざしましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

ルール・マナー
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

  1. […] 参考ブログ:プロが教える!正しい徐行の意味! […]

タイトルとURLをコピーしました