右折を上手に曲がるコツとは?!【効果バツグン】

初心者向け・コツ情報
この記事は約9分で読めます。

のっぴーです。

今回は、「右折を上手に曲がるコツ」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

交差点は、危険がいっぱいあります。

実は、運転していてもっとも危険な場所が交差点でして、衝突や接触が一番多いのも交差点なんです。

 

交差点では、さまざまな交通の方々が入り乱れているのにくわえて、直進・右折・左折などさまざまな方向に車がいくため、あらゆる方向に注意を向けなければいけません。

 

 

そのなかでも右折は、直進や左折にくらべて交差点にいる時間が長い+交差点内で一番長い距離を走行するため、危険なかしょがいっぱいでてきます。

 

運転初心者の方や慣れていない方は、右折の際に上手く曲がれないで、周りの方々に迷惑をおかけするなどして、苦労した経験もあるかと思います。

 

 

 

のっぴー
のっぴー

それでは、安全に上手に右折するためにはどうすればいいのか、主に初心者の方が意識してほしいポイントをいくつかあげて、お話ししていきます。

 

 

 

右折を上手に曲がるコツとは?!

交差点での右折は、直進と左折の車やバイクを気にしなければいけないうえに、最後には横断歩道が存在するため、歩行者や自転車にも気をつけなければいけません。

 

あと右折は、走行するラインがわかりづらいということもあり、対面の右折車や直進車に迷惑となることもよくあります。

 

 

いろいろ気をつけなければいけないため、また交差点の場所や状況によっても適切な右折方法が変わるため、右折はなかなか難しいとされています。

 

しかし、運転していくためには右折は絶対にしなければいけませんので、上手に右折できるようにコツを身につけて効率よく練習していきましょう。

 

 

右折を上手に曲がるコツがこちらです・・・

・なるべく交差点の中心より内側を通る
・直線や左折の車が優先である意識を強くもつ
・危ないと思ったらすぐに停まるようにする

 

右折で走行するべきラインから大切な意識のところまで、しっかり身につければどのような交差点でも上手に曲がることができますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく説明していきます。

「交差点での左折の正しいタイミング」や「交差点での右折の正しいタイミング」についての記事も、よろしければご覧ください。

交差点での左折の正しいタイミングとは?!
交差点での左折のタイミングは、なかなか難しいものがあります。適切なタイミングをしっかりつかんでより安全で安心な運転に努めましょう。
交差点での右折の正しいタイミングとは?!
交差点での右折は、タイミングが難しいときがあります。正しいタイミングをしっかり理解して、安全にスムーズに右折できるようにしましょう。

 

 

 

なるべく交差点の中心より内側を通る

右折の際は、対向車の直進・右折・左折すべてに気をつかわなければいけませんが、交差点に進入してからでる間は、直進と右折の車に注意が必要です。

 

右折のタイミングや通るラインによってご自身の右折しやすさが変わるだけでなく、直進車や右折車が走行しやすくなるかも変わることを認識しておくといいです。

 

 

お互いがスムーズに走行するためには、なるべく右折の時は、交差点の中心より内側を通るラインで曲がることがポイントです。

 

交差点の中心よりふくらんだ方が、横断歩道の手前までの視界が広くなるため、左右の確認をしやすくなるというメリットはありますが、そうすると対向の直進車や右折車の邪魔になってしまいます。

 

 

そのため、対向車の進路を妨害(ぼうがい)しないためにも、交差点の内側を通過する必要があるのです。

その分、横断歩道の手前では死角ができてしまいますが、そこは速度を減速してミラーと目視を使ってカバーしましょう。

 

最近では、右折車が通るラインがある程度敷いてあって、右折のアシストをがされている交差点も増えてきました。

そのラインをよくみてみると、だいたい交差点の内側を通るように案内されています。

 

 

また、通るラインに関しては車両感覚と運転感覚も必要になりますので、この2つも普段の運転から養うように心がけましょう。

 

・交差点に進入してからでる間は、直進と右折の車に注意が必要です。
・お互いがスムーズに走行するためには、なるべく右折の時は、交差点の中心より内側を通るラインで曲がることがポイントです。
・通るラインに関しては車両感覚と運転感覚も必要になりますので、この2つも普段の運転から養うように心がけましょう。

 

 

 

直線や左折の車が優先である意識を強くもつ

交差点では、直進・左折・右折の順に優先が決まっております。

つまり、右折は直進や左折がこないタイミングで曲がらなければいけません。

 

ここで、右折する際に直進や左折の車の進行をさえぎってしまう方がいますが、これはよろしくない行為です。

 

 

みなさんが安全に交通するため、またはご自身のためにも、直進や左折の車の方が優先であるという意識を強くもつことが大事です。

 

直進や左折の数が多いと、なかなか右折するタイミングがなく焦ってしまい、危ないタイミングで曲がってしまう方もいらっしゃいますが、いつか右折できるタイミングができますので、その時を待つことも求められます。

 

 

お互いが気もちよく安全に安心して交通していくためにも、しっかり直進・左折・右折の優先順位を守ることも、右折を上手に曲がるコツになります。

 

・右折は直進や左折がこないタイミングで曲がらなければいけません。
・みなさんが安全に交通するため、またはご自身のためにも、直進や左折の車の方が優先であるという意識を強くもつことが大事です。
・いつか右折できるタイミングができますので、その時を待つことも求められます。

 

 

 

 

危ないと思ったらすぐに停まるようにする

これは、右折だけでなく交差点を進行するすべての車に意識していただきたいことですが、少しでも危ないと思ったらすぐに停まるようにしましょう。

 

この意識をもっているだけでも、安全に上手に右折することができます。

いつでも、ブレーキペダルを踏める準備をしておきましょう。

 

 

交差点では、さまざまな交通の方があらゆる方向へ行こうとします。

つまり、前後左右のあらゆる方向に危険がひそんでいるのです。

 

もちろん、ミラーや目視での周囲の確認の徹底も大事ですが、それだけでは十分安全に交差点を通過することはできません。

 

 

交差点内は、なるべく減速して進行し必要であればすぐに停止する。

歩行者や自転車、周りの車が近づいてきたと感じたらすぐに停まる。

この意識をしっかりもって、交差点を安全かつスムーズに進行しましょう。

 

 

右折に関しても、この意識で運転していれば周りの交通の方々も安全に交通できるため、それがご自身の右折のしやすさにつながります。ぜひやってみてください。

 

・少しでも危ないと思ったらすぐに停まる意識をもっているだけでも、安全に上手に右折することができます。
・交差点内は、なるべく減速して進行し必要であればすぐに停止する。歩行者や自転車、周りの車が近づいてきたと感じたらすぐに停まる。
・右折に関しても、この意識で運転していれば周りの交通の方々も安全に交通できるため、それがご自身の右折のしやすさにつながります。

 

 

 

さいごに

右折はタイミングも難しく、また気をつけなければいけないことも多く、通るラインも気にしないといけないため、なかなか苦労と困難がたえないかと思います。

 

しかし、周りを尊重してけして自分勝手にならないように心がけていれば、必ず上手に右折することができます。

 

 

また、運転に慣れてくると交差点や信号の特徴なんかもわかってくるようになるため、より右折がしやすくなります。

 

そのためにも、知識と経験が必要ですので、どんどん運転についての理解を深めていって、どんどん実際に運転するようにしましょう。

 

 

あらためて、右折を上手に曲がるコツのおさらいです・・・

・なるべく交差点の中心より内側を通る
・直線や左折の車が優先である意識を強くもつ
・危ないと思ったらすぐに停まるようにする

 

右折が上手にできるようになると、運転の幅が広がるため、運転がどんどん楽しくなってきます。

ぜひ、いつでも楽しくて快適な運転をできるように努めていきましょう。

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転についてのあらゆる情報をお届けします、よろしくおねがいします。

 

こちらの記事も、よろしければご覧ください。

交差点での左折の正しいタイミングとは?!
交差点での左折のタイミングは、なかなか難しいものがあります。適切なタイミングをしっかりつかんでより安全で安心な運転に努めましょう。
交差点での右折の正しいタイミングとは?!
交差点での右折は、タイミングが難しいときがあります。正しいタイミングをしっかり理解して、安全にスムーズに右折できるようにしましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

初心者向け・コツ情報
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました