坂道を運転する際に注意することとは?!【効果バツグン】

初心者向け・コツ情報

のっぴーです。

今回は、「坂道を運転する際に注意することについて、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

日本で運転していくのに、坂道での運転は誰でも経験しますし、絶対にあります。

日本は、国土の約7割が森林地帯のため、山や峠を越える道路、あるいは間を走る道路は数多くあります。

 

そして、それらの場所は斜面になっているため必ず登りか下りの坂道になります。

よって、坂道での運転の機会は必然的に増えるわけです。

 

 

坂道の運転は、平坦な道に比べてスピードの調整が難しいですし、勾配やカーブが急なため先の道が見えづらくて、運転が難しいということもあります。

 

しかし、坂道の運転も何点かの注意点をおさえて運転すれば、安全に安心して運転することができます。

 

ぜひ、注意点をしっかりおさえて、坂道の運転も快適で楽しいものにしていきましょう。

 

 

坂道の運転の際の注意点とは?!

坂道では、平坦な道とは違った坂道ならではの運転や注意するべき点があります。

それは、一般道でも高速道路でも同様ですが、主に一般道では坂道ならではの運転が要求されます。

 

今回は、主に一般道の坂道での運転について取り扱って参ります。

一般道の坂道は、勾配やカーブがキツいところは、ほんとに想像以上にキツいので、より注意が必要です。

 

 

ただ、坂道を避けて運転するというわけにもいかないので、しっかり注意点をおさえてより安全運転に努めていただければと思います。

 

坂道での運転のポイントはこちら・・・

 

・スピードの上がりすぎ、下がりすぎに注意する
・前方の車や対向車に注意する
・標識やカーブミラーをしっかりみる

 

どちらも、坂道以外の運転でも大事なことですが、坂道での運転では特に大事なことになります。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、順番に詳しく解説していきます。

 

「上手にカーブを曲がるコツ」についての記事も、よろしければご覧ください。

【運転のコツ】上手にカーブを曲がるには?!
日本の道路はカーブが多く、車の運転をしているとカーブでふらついたりよれてしまうことがあるかと思います。そんなお悩みを解決すべく、上手にカーブを曲がるコツをお話ししています。
404 NOT FOUND | のっぴードライブログ
運転と情報を楽しもう!

 

 

 

スピードの上がりすぎ、下がりすぎに注意する

坂道では、平坦な道を走行するよりスピードの上がり下がりが激しくなります。

もちろん、下り坂だとスピードは上がりやすく、登り坂だとスピードが下がりすぎる傾向になります。

 

多少なら、それほど支障はでませんが極端にスピードが上がりすぎると危険ですし、下がりすぎると交通の流れが悪くなり、後続車などに迷惑をかけてしまいます。

 

 

これらの対策としては、こまめにスピードメーターをみて、ご自身が今どのくらいのスピードで走行しているかを確認するのが効果的です。

 

 

また、登り坂・下り坂ともに低速ギアを利用するのもおすすめです。

低速ギアとは、シフトレバーの「D」の下にある「2」や「L」になります。

 

低速ギアを使用すると、下り坂ではエンジンブレーキが効きやすくなるのでスピードをおさえられるのと、登り坂では加速しやすくなりスピードを出しやすくなります。

 

 

大事なのは、自己中な運転にならないようにして周りの交通のことを意識することです。

坂道では、いつのまにかスピードが変化していることがよくあるので、特に注意しましょう。

 

・坂道では、平坦な道を走行するよりスピードの上がり下がりが激しくなります。
・こまめにスピードメーターをみて、ご自身が今どのくらいのスピードで走行しているかを確認するのが効果的です。
・登り坂・下り坂ともに低速ギアを利用するのもおすすめです。

 

 

 

前方の車や対向車に注意する

坂道では、勾配やカーブなどで前方の視界が悪くなることや視野が狭くなることがよくあります。

そのため、前を走る車と対向車には特に注意しなければいけません。

 

坂道は、基本的に道端が狭くて勾配やカーブがキツいところが多いので、どうしても窮屈に感じます。そのため、周りの交通との距離をとることは大事です。

 

 

坂道の運転が困難なのは、前方の車も一緒です。

そのため、なにかしらの要因で急に減速したり停止したりすることはおおいにありえます。

その時のために備えて、車間距離を広めにたもって、前方の車には常に注意するようにしましょう。

 

坂道の運転では窮屈に感じるので、勾配でふらついたりカーブで大きくふくらんだりすると、対向車に危険がおよびます。

このような運転は坂道ではついやってしまいがちですが、キツい勾配やカーブの手前では十分減速するなどして、中央線をはみださないように対策をしましょう。

 

 

坂道の運転でも、周りの交通と上手につきあっていくことは大切です。

坂道では、特に前方の車と対向車との関わりが大きくなりますので、配慮のある運転を心がけていきたいですね。

 

・坂道では、勾配やカーブなどで前方の視界が悪くなることや視野が狭くなることがよくあります。そのため、前を走る車と対向車には特に注意しなければいけません。
・坂道は、基本的に道端が狭くて勾配やカーブがキツいところが多いので、どうしても窮屈に感じます。
・坂道では、特に前方の車と対向車との関わりが大きくなりますので、配慮のある運転を心がけていきましょう。

 

 

標識やカーブミラーをしっかりみる

坂道では、標識やカーブミラーが多く設置されています。

これらをしっかりみて、標識を守りカーブミラーで前方の安全を確認することも、安全で安心した運転につながります。

 

この、標識やカーブミラーを見落とす方がけっこう多く、それが原因で危険な思いをするケースはよくあります。

坂道では、短い間隔で標識やカーブミラーが設置されているので、上手に利用しましょう。

 

 

標識は、勾配やカーブの激しさをはじめ制限速度を特に意識してみるといいです。

制限速度は、その場所その区間をどのくらいのスピードで走れば安全かをベースに設定されているため、制限速度どおりのスピードで運転すれば、より安全に坂道の運転をすることができます。

 

カーブミラーは、キツいカーブのところに設置されていて、カーブの先の様子がわかります。

しっかりみて、対向車がきていないかだけでなく前方に落下物や障害物がないかどうかを確かめてから、先へ進むようにしましょう。

 

 

とにかく、セーフティに無理をしないことです。

そのためにも、標識やカーブミラーをしっかりみて、安全で安心できる運転に努めてみてください。

 

・坂道では、標識を守りカーブミラーで前方の安全を確認することも、安全で安心した運転につながります。
・標識やカーブミラーを見落とす方がけっこう多く、それが原因で危険な思いをするケースはよくあります。
・とにかく、セーフティに無理をしないことです。そのためにも、標識やカーブミラーをしっかりみて、安全で安心できる運転に努めてみてください。

 

 

 

さいごに

坂道の運転は、苦労と困難がつきものです。

それは、キツい勾配やカーブがあればあるほど大きくなります。

 

 

しかし、坂道からみえる風景は日本ならではの情緒あふれる風景がみられることが多く、このような貴重な風景がみられるのは、坂道ならではの特徴でもあります。

 

また、坂道の運転に慣れてくると、坂道はドライブするのに気もちのいい場所にも変わります。

普段の街中での運転とは違った感覚を味わえるからです。

 

 

ぜひ、ご自身だけのおすすめドライブ絶景坂道スポットをみつけてみてください。

 

今回のポイントのおさらいです・・・

 

・スピードの上がりすぎ、下がりすぎに注意する
・前方の車や対向車に注意する
・標識やカーブミラーをしっかりみる

 

坂道の運転でも、周りの交通の方への配慮と思いやりがあれば安全に運転できますので、意識していきましょう。あとは、無理のない運転を心がけていきましょう。

 

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転に役立つ情報をどんどん発信して、みなさんの少しでもお役にたてればと思いますので、よろしくおねがいします。

よろしければ、こちらの記事もご覧ください。

【運転のコツ】上手にカーブを曲がるには?!
日本の道路はカーブが多く、車の運転をしているとカーブでふらついたりよれてしまうことがあるかと思います。そんなお悩みを解決すべく、上手にカーブを曲がるコツをお話ししています。
404 NOT FOUND | のっぴードライブログ
運転と情報を楽しもう!

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

初心者向け・コツ情報
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました