駐車が斜めになるのを防ぐには?!

ルール・マナー

のっぴーです。

今回は、「駐車が斜めになるのを防ぐに」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

みなさん、駐車は上手にできますでしょうか。

場所や条件によって駐車のレベルはさまざまですが、運転している以上は物理的に可能なところなら、どちらにでも停められる技術はもっておきたいところです。

 

とはいっても、なかなか駐車するのに難しくて苦戦するところもあるかと思います。

駐車は、運転のなかでもレベルの高い作業になりますので、練習や訓練を重ねる必要があります。

 

 

せっかくキレイに駐車できたと思ったら、車が斜めになってしまうことないでしょうか。

駐車の際、斜めになってしまうとみばえがよくないのに加えて、隣の車の方などの邪魔になることさえあります。

 

 

のっぴー
のっぴー

駐車するのは大変な作業ですが、駐車の際はキレイに駐車マスの線に沿って停められるよいにしたいですね。

 

では、斜めになるのを防ぐにはどうすればいいのか、いくつか方法がありますのでお話しします。

 

 

 

駐車が斜めになるのを防ぐには?!

駐車の際、車が斜めになってしまうのはご自身がみている車内の感覚と、実際の角度にズレが生じるためです。

運転席からは、真っ直ぐ停めているようにみえても、実際外にでてみてみると、曲がってしまっているということはよくあります。

 

正直、これに関しては何回か駐車の経験を重ねて感覚を鍛えていくしかないので、まずは真っ直ぐキレイに駐車できるように、意識して練習してみましょう。

 

 

ただ、場所や条件によって駐車のレベルも変わってきますし、人によって得意な停め方と苦手な停め方があるかと思いますので、なるべく苦手意識を減らしていくことも大事になります。

 

また、斜めにならないように工夫する方法がいくつかありますので、そちらを実績してみて、駐車をもっとスムーズにキレイにできるようにしましょう。

 

 

駐車が斜めになるのを防ぐ方法がこちらになります・・・

・切り返しを何回かする
・サイドミラーを下げる
・停めたら一回降りて確認してみて、感覚のズレをなくす

 

若干手間のかかる方法ばかりですが、めんどくさがらずに丁寧にやっていくのも、キレイに駐車する秘訣となります。しっかりやっていきましょう。

 

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく説明をしていきます。

「駐車の切り返しのコツ」についての記事も、ぜひご覧ください。

駐車の切り返しのコツとは?!
駐車する際に切り返しは絶対必要な操作になります。切り返しは難しい作業でですがコツを身につければ、スムーズに駐車ができるようになります。切り返しの技術を向上させて、駐車のスキルを上達させましょう。

 

 

切り返しを何回かする

駐車をキレイにしたいなら、時間をかけて行うことも大事です。

もちろん、狭い場所や交通量の多い場所では時間をかけるのは、なかなか難しいかもしれませんが、時間をかけた方が丁寧にできるので、駐車がキレイな形でおさまります。

 

必要であれば、何回か切り返しをして駐車するのもいい方法です。

1回でキレイに入れればベストですが、うまくいかないときも多いと思うので、そんな時はめんどくさがらず切り返しをするのがおすすめです。

 

 

切り返しは、時間もかかるのでご自身だけでなく周囲を交通している方の流れをとめてしまうこともあるため、するのがイヤという気もちもわからなくはないですが、変な方向に停めてしまって、あとで周りの駐車の方々や交通の方々のご迷惑になるよりはマシなので、めんどくさがらずしっかり行うようにしましょう。

 

何回か切り返していると、だんだん駐車マスの線と車が平行になり、キレイな状態で停めることができるようになります。

逆にキレイなラインになるまで、時間の許す限り何回も切り返しするのもアリです。

 

 

運転の経験や知識が増えてくると、少ない切り返しの回数や短い時間でキレイに駐車できるようになりますので、とにかく毎回の駐車を意識して行うようにしましょう。

 

・駐車をキレイにしたいなら、時間をかけて行うことも大事です。
・必要であれば、何回か切り返しをして駐車するのもいい方法です。
・毎回の駐車を意識して行うようにしましょう。

 

 

 

サイドミラーを下げる

駐車の際は、サイドミラーと目視で周囲の確認をしながら行うことになります。

サイドミラーと目視を上手に使うことにより、斜めにならないでキレイな駐車が可能になります。

 

ただ、慣れないうちはサイドミラーや目視でどのようにみれば安全にしかもキレイな形で駐車することができるのか、わからないかと思います。

 

 

そこで、サイドミラーの調整位置を下げることにより、どなたでも駐車を安全に行えて、しかもキレイに駐車がしやすくなるのです。

最近の車だと、ボタンでかんたんにサイドミラーの調整ができるようになったので、駐車をはじめる前に、ボタンをおしてでサイドミラーを下げるようにするといいでしょう。

 

 

サイドミラーの位置が下がることにより、地面になる縁石や駐車マスのラインがうつるようになるため、駐車のラインがわかりやすけなるというしくみです。

 

また、最近の車ではバックモニターや上からの映像がうつるシステムなんかも備わっているので、それらをうまく使いながらキレイに駐車マスに車をおさめるようにしましょう。

 

・サイドミラーと目視を上手に使うことにより、斜めにならないでキレイな駐車が可能になります。
・サイドミラーの調整位置を下げることにより、どなたでも駐車を安全に行えて、しかもキレイに駐車がしやすくなるのです。
・最近の車ではバックモニターや上からの映像がうつるシステムなんかも備わっているので、それらをうまく使いながらキレイに駐車マスに車をおさめるようにしましょう。

 

 

 

停めたら一回降りて確認してみて、感覚のズレをなくす

駐車が斜めになるのは、運転席からみた時と実際外にでたときにみえる感覚が違うためです。

この感覚のズレをなくすことが、キレイに真っ直ぐ停めるためには必要です。

 

運転にも駐車にも慣れている人は、この感覚が優れているため、短い時間でスッとキレイに車をおさめることができるのです。

ただ、最初は難しいと思うので、何回か切り返して時間をかける必要があります。

 

 

この感覚のズレをなくすためには、駐車したら一度外に降りて、実際に停まっている角度を確認して、修正していく作業が大事になります。

どの方向にどのくらい曲がっているかがわからないと、感覚のズレを直せないので、外に出て確認することは重要です。

 

正面からみてみるのに加えて、しゃがんでみてみたり違う角度からみてみたりして、車がどのように停まっているかを確認すると、修正もしやすくなります。

 

 

こちらの作業をやっていくうちに、そのうち外に降りなくてもキレイに駐車ができるようになります。

最初は、手間がかかるかもしれませんが、駐車技術向上のために努めていきましょう。

 

・駐車が斜めになるのは、運転席からみた時と実際外にでたときにみえる感覚が違うためです。
・この感覚のズレをなくすためには、駐車したら一度外に降りて、実際に停まっている角度を確認して、修正していく作業が大事になります。
・最初は、手間がかかるかもしれませんが、駐車技術向上のために努めていきましょう。

 

 

 

さいごに

場所によっては、駐車はとても難しい作業です。

だからこそ、キチンと停める必要がありますし、キレイに停まっているとみばえがよくみえます。

 

特に、ショッピングセンターやサービスエリア、イベント会場の駐車場などは駐車マスの数も多く、密集しているためキレイに停めないと、大人数の方々に影響がでてきてしまいます。

 

 

駐車の方法もさまざまありますが、どんな停め方であれ、キレイに停めないといけません。

そのためには、やはり日ごろからの練習が必要です。

 

もし、心配や不安がある方はショッピングセンターやサービスエリアの駐車場の空いているスペースなどで練習するようにしましょう。

そして、斜めになるのを克服しましょう。

 

 

あらためて、駐車が斜めになるのを防ぐ方法のおさらいです・・・

・切り返しを何回かする
・サイドミラーを下げる
・停めたら一回降りて確認してみて、感覚のズレをなくす

 

駐車が苦手なのは、みなさん一緒です。

慌てたり焦ったりすることなく、1つずつの操作をていねいに行って、少しずつ上達していきましょう。

 

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転についてさまざまな情報を発信します。よろしくおねがいします。

こちらの記事も、ぜひご覧ください。

駐車の切り返しのコツとは?!
駐車する際に切り返しは絶対必要な操作になります。切り返しは難しい作業でですがコツを身につければ、スムーズに駐車ができるようになります。切り返しの技術を向上させて、駐車のスキルを上達させましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

ルール・マナー
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました