運転のセンスない人が上手になる方法とは?!【効果バツグン】

初心者向け・コツ情報
この記事は約10分で読めます。

のっぴーです。

今回は、「運転のセンスない人が上手になる方法」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

物事には、よくセンスがあるとか、逆にセンスがないなどの表現が使われることがよくありますが、運転に関してもセンスあるなしは使われます。

 

 

センスのある方は、飲みこみが早いのでその分早く上達して、すぐにでも自信をもって運転できるようになります。

 

逆に、センスがないと呼ばれる人は危ない運転や怖い思いからなかなか抜けだせず、上達に苦労する場合があります。

 

 

しかし、センスがない人でも努力すれば必ず運転が上手になります。

かくゆう、自分も運転し始めのころはほんとに運転のセンスがなく、会社の上司や先輩によく心配されていました。

 

 

「これから本格的に運転をしはじめるという方」

「運転しはじめたけどなかなか上達しなくてお悩みの方」

「運転でイヤな思いをしたからできればもう運転をしたくないとお考えの方」

 

のっぴー
のっぴー

ぜひ今回の記事をご覧頂いて、参考にしてくださればと思います。

 

 

 

運転のプロが教える!運転のセンスない人が上手になる方法とは?!

先ほど、お伝えしたとおり自分も最初は全く運転センスのない人間でした。

しかし、会社の上司や先輩の手助けに支えられ、自分なりの努力も重ねてきました。

 

その結果、現在ではほぼ毎日運転をするようになりました。

さらに、1ヶ月に1回ペースで1日500キロの長距離運転もしています。

 

 

1ついえることは、努力すれば必ず運転センスは磨けて上手になるということです。

しかし、運転センスを磨く方法や上手になる方法がわからない方も多いかと思います。

 

私が、会社の上司や先輩に教わったことと自分の努力の経験からわかったことは、運転センスを磨くには基本の部分から順番よくコツコツと覚えて身につけていくということでした。

 

 

その順番がこちら・・・

 

・教習所で習ったことを思い出して、実行する
・運転の参考書や運転に関するサイトをみて、勉強する
・何度も運転して、練習する

 

こちらの順番で、着実にコツコツとやっていけばどなたでも必ず運転センスが磨けて運転を上手にできるようになります。

 

のっぴー
のっぴー

順番に、1つずつ詳しく解説をして参ります。

 

「運転が上手になるコツ」や「運転の仕方を身につける方法」についての記事も、よろしければご覧ください。

運転が上手くなる・上達する6つの方法とコツとは?!【効果バツグン】
「運転上手くなりたいけどどうすればいいの?」そんなお悩みに、運転のプロであるのっぴーが答えます。「運転が上手くなる・上達するコツ」はポイントをしっかりおさえて身につけることが大事です。
運転の仕方を身につける方法とは?!
運転の仕方を身につけると、効率よく運転レベルを上達させることができます。毎日の積み重ねを大事にして、どんどん運転技術を磨いていきましょう。

 

 

 

教習所で習ったことを思い出して、実行する

基本を思い出すことは大事であり、それが上達への近道だったりします。

運転の場合ですと、誰もが運転免許を取得するために教習所へ通います。

 

教習所では、教官の方が学科と実技で運転に関するさまざまなことを教えてくださるかと思います。

まずは、そのときのことを思いだして実行してみましょう。

 

 

教習所で教われることは、運転の基本の部分がつめこまれています。

しかし、多くの方は教習所を卒業した後しばらくすると、教習所で教わったことの大半を忘れてしまいます。

 

 

それは、運転の基本の部分を忘れてしまっているのと同様の意味になるのです。

センスのある方なら、自分なりのやり方で上達するかもしれませんが、そうでない人は、まずは教習所で教わったことを思いだしてみましょう。

 

 

といっても、いきなり全部思いだすというのは難しいでしょうから、思いだせるか怪しい部分は、教習所で頂いた教本や資料などを読み返してみるといいでしょう。

 

そして、忘れていた部分を思いだしたら、すぐに実行してご自身の身体に染みこませるようにしましょう。

 

 

何回か繰りかえし実行していけば、自然と染みつきます。

一度染みつけば、忘れることなく実行できるようになりますので、染みついたら今度は違う部分を実行してというのをやっていけば、どんどん運転が上達します。

 

・まずは、教習所で教わったときのことを思いだして実行してみましょう。
・教習所で教わったことを忘れていることは、運転の基本の部分を忘れてしまっているのと同様の意味になります。
・教習所で頂いた教本や資料で忘れていた部分を思いだしたら、すぐに実行してご自身の身体に染みこませるようにしましょう。

 

 

 

運転の参考書や運転に関するサイトをみて、勉強する

教習所で教わったことをある程度思いだして実行できるようになったら、基本的な部分はできるようになっているかと思います。

それでも人によって、苦手や弱点の部分がまだまだあるかと思います。

 

 

「後退(バック)がうまくいかない」
「合流や車線変更がスムーズにできない」
「右左折時のちょっとした見落としが多い」

 

 

などなど、ご自身が苦手や弱点だと感じる部分は運転をすればするほどでてくるのではないでしょうか。

 

ここでうまくできる人は、ご自身の苦手や弱点をしっかり理解したうえで、克服する方法をすぐみつけることができますが、全員の方がそうではないし、むしろうまくできなくて悩む方が多いです。

 

 

そういうときは、運転の参考書を読んだり運転に関するサイトを調べてみましょう。

すると、ご自身が苦手あるいは弱点としている部分の克服方法が載っていて、お悩みの解決・運転の上達へとつながります。

 

 

運転の参考書は、書店や通販で販売しています。

そして、運転の参考書には教習所では教えてくれないような、運転がよりしやすくなるテクニックなども載っているので、1冊でもかまわないので一度読んでみるのもいいでしょう。

 

運転に関するサイトでは、ご自身が苦手や弱点としている部分を、直接検索して調べることができるので、すぐに克服する方法をみつけるためには有効な手段です。

 

 

いづれにしても、ご自身の運転の傾向を理解したうえで、調べて解決するという流れで行動するとセンスがないと呼ばれる人でも、だんだんと運転が上手になっていきますので、ぜひやってみてください。

 

・ご自身が苦手や弱点だと感じる部分は運転をすればするほどでてきます。
・運転の参考書を読んだり運転に関するサイトを調べて、ご自身が苦手あるいは弱点としている部分を克服しましょう。
・ご自身の運転の傾向を理解したうえで、調べて解決するという流れで行動すると、センスがないと呼ばれる人でも、だんだんと運転が上手になっていきます。

 

 

 

何度も運転して、練習する

センスがない人が上手になるのに一番大事なのは、とにかく運転して練習して運転に慣れるということです。

 

いくら、教習所で教わったことを復習したり本やサイトで新たな知識を入れたところで、実際に運転して練習しなければ意味がありません。

 

 

最初は、みなさん運転が上手にできないし慣れるのに時間がかかります。

怖いイメージがあってぬけだせず、危ない思いやイヤな思いをすることもあるでしょう。

 

その思いは、そのままお持ち頂いて大丈夫です。

運転に慣れていない方は、みなさんお持ちの思いです。

ただ、運転に慣れるために運転をし続けることはやめないようにしましょう。

 

 

大事なのは、今回できなかったことを反省して次回以降の改善に努めることです。

今回の運転でできなかったことや失敗したことの原因をご自身なりに考えて、次からは失敗しないようにどうするかという改善策を考えるようにしましょう。

 

そのためには、運転をして練習を繰りかえさなければいけません。

毎日が勉強だと思い、運転して反省して改善してのサイクルを回していけば、どんなにセンスがないと呼ばれる方でも、必ず運転に慣れて上手にできるようになります。

 

 

具体的な慣れるまでの期間や距離としては、まずは半年間で走行距離10000キロを目安にがんばってみましょう。

→「運転に慣れるまでの期間と走行距離はどのくらい」の記事も、参考になります。

 

・センスがない人が上手になるのに一番大事なのは、とにかく運転して練習して運転に慣れるということです。
・大事なのは、今回できなかったことを反省して次回以降の改善に努めることです。
・運転して反省して改善してのサイクルを回していけば、どんなにセンスがないと呼ばれる方でも、必ず運転に慣れて上手にできるようになります。

 

 

 

さいごに

運転のセンスがないと一言でいっても、人によってできる部分とできない部分はさまざまです。

ただ、上手になるための過程はみなさん一緒です。

 

まずは、教習所で教わる基本的な部分を身につけて、その後ご自身が苦手や弱点だと感じる部分を克服していく、そして運転し続けるという流れが運転の上達には必要です。

 

 

運転が上手になると、ほんとに世界が変わります。

行動範囲が広がりますし、ご自身がこれまでできなかったことができるようになるので趣味やスキルの幅も広がります。

 

自分も大人になって運転できるようになって、ほんとによかったと思っております。

運転できるようになって、人生が豊かになったといっても過言ではありません。

 

 

運転ができるようになると、楽しいことがいっぱい待っています。

慣れるまでつらいと思いますが、ぜひ今回の流れで行動して頂いて、センスのない運転からは卒業して、快適で楽しい運転ライフを手にいれましょう。

 

 

今回のお話しのおさらいです。

 

・教習所で習ったことを思い出して、実行する
・運転の参考書や運転に関するサイトをみて、勉強する
・何度も運転して、練習する

 

こちらの流れにのっとって運転し続けていけば、ほんとにセンスが磨けます、運転が上手になります。

ぜひ、少しでも気になるという方はこれからすぐにでもやってみて頂けたら嬉しいです。

 

 

のっぴー
のっぴー

自分も、これからも運転に関する情報を発信し続けてみなさんのお役にたてればと考えておりますので、よろしくおねがいします。

こちらの記事も、よろしければご覧ください。

運転が上手くなる・上達する6つの方法とコツとは?!【効果バツグン】
「運転上手くなりたいけどどうすればいいの?」そんなお悩みに、運転のプロであるのっぴーが答えます。「運転が上手くなる・上達するコツ」はポイントをしっかりおさえて身につけることが大事です。
運転の仕方を身につける方法とは?!
運転の仕方を身につけると、効率よく運転レベルを上達させることができます。毎日の積み重ねを大事にして、どんどん運転技術を磨いていきましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

初心者向け・コツ情報
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました