右折の巻き込み確認で気をつけるべきときとは?!

ルール・マナー

のっぴーです。

今回は、「右折の巻き込み確認で気をつけるべきとき」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

運転で気をつけるポイントとして、左折時の巻き込み確認という言葉をよく耳にします。

教習所の実技でも、交差点を左折する際の巻き込み確認を教官の方からご指導いただきます。

 

左折の際は、左側を走行しているバイクや自転車を巻き込まないように、左折の前なるべく左側によっておいたり、左折前にサイドミラーと目視で、バイクや自転車の存在を確認したりする必要があるのです。

 

 

では、右折の際はどうなのか。

実は、右折の際も巻き込み確認が必要な時があります。

左折の時みたいに毎回ではないにしても、巻き込み確認が必要な場面や状況はありますので、確認を徹底することは大事です。

 

のっぴー
のっぴー

右折の巻き込み確認に気をつけてる機会がどういうときなのかをしっかり認識して、効果的に右折の巻き込み確認をして、安全かつスムーズな運転を心がけましょう。

 

 

 

右折の巻き込み確認で気をつけるべきときとは?!

右折の巻き込み確認というと、あまりイメージがわかないかもしれませんが、実際交差点を右折する際、内側つまり右後方から危険がやってくる場合があります。

 

右折というと、どうしても対向車やその先の横断歩道などが気になるところですが、右後方への安全意識も若干ながらもっておく必要があるのです。

 

 

しかも、右折の巻き込み確認する機会はだんだんと増えてきているのも事実で、サイドミラーや目視で右折前に確認することが求められます。

右側のため左折の際よりは確認が容易にできます。

 

交差点は危険のかたまりです。

あらゆる方向から危険がやってきますので、四方八方の安全確認を徹底して、ぜひよりよい交通社会をつくっていきましょう。

 

 

右折の巻き込み確認で気をつけるときがこちらになります・・・・

・バイクが右側から追い越ししてきたとき
・狭い道で右折する際に自転車が右側にいるとき
・右折レースが2車線以上ある場合

 

基本的には、バイクや自転車とのかねあいにはなりますが、他の車とのかねあいに気をつけなければいけない状況もあります。

とにかく、右折の際は巻き込みの危険を頭に入れつつ運転するようにしましょう。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく説明をします。

「交差点での右折の正しいタイミング」や「右折を上手に曲がるコツ」についての記事も、よろしければご覧ください。

交差点での右折の正しいタイミングとは?!
交差点での右折は、タイミングが難しいときがあります。正しいタイミングをしっかり理解して、安全にスムーズに右折できるようにしましょう。
右折を上手に曲がるコツとは?!【効果バツグン】
右折はタイミングや通るラインが難しいですが、コツをつかめば誰でも上手に右折することができます。ぜひ、ご自身も周りの交通の方も安全に走行できる右折ができるように努めましょう。

 

 

 

バイクが右側から追い越ししてきたとき

右折の巻き込みで一番怖いのがバイクの存在です。

バイクは、小さいにも関わらず速度がかなりでますので、ほんとに気をつけなければいけません。

 

バイクは小さいこともあり、ご自身の車の周辺のあらゆるところにいる可能性があります、特に交差点付近はバイクの動きや行動が読みづらくなるため注意が必要です。

 

 

基本的に、バイクは車の左側にいることが多いですが、マナーのよろしくないバイクだと右側の車からみえづらいところにいて、さらにいきなり追い抜こうとする可能性があります。

 

それにより、ご自身の車が右折しようとしたときに、右側にいるバイクを巻き込む可能性があるのです。

そうならないためにも、右折前に右側面や右後方の確認という大事です。

 

 

バイクの存在を察知するのは、なかなか難しいですが目だけでなくバイクの音なんかも頼りにしながら、なるべく危険察知能力を働かせると安全な右折ができます。

普段から、危険察知能力を養うようにしましょう。

 

・右折の巻き込みで一番怖いのがバイクの存在です。
・マナーのよろしくないバイクだと右側の車からみえづらいところにいて、さらにいきなり追い抜こうとする可能性があります。
・なるべく危険察知能力を働かせると安全な右折ができます。

 

 

 

狭い道で右折する際に自転車が右側にいるとき

バイクと並んで巻き込む可能性が高いのが自転車です。

ただ、右折の場合自転車はバイクよりは巻き込む可能性は低いといえます。

というのも信号のある交差点などでは、自転車が車の右側にくることはほとんどないからです。

 

とはいっても、全く可能性がないわけではなく、自転車もバイク同様あらゆるところにいる可能性があるのと、マナーの悪い方が車の右側を通行してくることもありますので、気をつける必要があります。

 

 

また、信号のある交差点ではあまりありませんが、信号のない狭い道の場合、自転車は車の右側を走行している可能性も高くなり、そうなると右折の際巻き込むことも考えられます。

 

狭い道では、自転車や歩行者との距離が必然的に近くなるため、より慎重にいつでも停まれるように準備しておくことが大事です。

右折の際も、ゆっくり進めて少しでも危険を感じたら、すぐに停止することを心がけると安全に右折できます。

 

 

自転車の動きは読みづらいところもありますので、危険と感じたら停止して自転車を先に行かせるのも1つの方法です。

右折の場合は、右折の動作に入る前に停止して、自転車を先に行かせるといいでしょう。

 

・バイクと並んで巻き込む可能性が高いのが自転車です。
・信号のない狭い道の場合、自転車は車の右側を走行している可能性も高くなり、そうなると右折の際巻き込むことも考えられます。
・自転車の動きは読みづらいところもありますので、危険と感じたら停止して自転車を先に行かせるのも1つの方法です。

 

 

 

右折レースが2車線以上ある場合

実は、右折では車を巻き込むというケースもあるんです。

こちらに関しては、左折の場合と同様のケースで巻き込む可能性があります。

 

というのも、日本の道路の交通量の増加と交通網の発達により、大きな通り同士がまじわる交差点などでは、右折レーンが2車線あるいはそれ以上あるところ存在するのです。

 

 

右折レーンが2車線以上あるところの右折は、その交差点や2車線以上あるところでの右折に慣れていないと、意外と苦戦します。

というのも、どの軌道を通って右折すればいいのかわからなくなるためです。

 

さらに、2車線の右折レーンのうち左側の右折レーンから右折する場合、内側に切りすぎると右隣の車線にいる右折車を巻き込んでしまうことになりかねません。

 

 

右折が2車線以上ある交差点はだいたいのところで、通るラインが地面に書かれていますので、それを頼りに右折することに加えて、ご自身が通っている軌道やラインが合っているのかをつねに気にしながら右折するようにしましょう。

 

・大きな通り同士がまじわる交差点などでは、右折レーンが2車線あるいはそれ以上あるところ存在するのです。
・2車線の右折レーンのうち左側の右折レーンから右折する場合、内側に切りすぎると右隣の車線にいる右折車を巻き込んでしまうことになりかねません。
・ご自身が通っている軌道やラインが合っているのかをつねに気にしながら右折するようにしましょう。

 

 

 

さいごに

右折の巻き込みのケースは意外といっぱいあります、やはりいままでまっすぐ進んでいた車が、右か左に曲がるとなるとそれなりに危険がともないますので、気をつける必要があります。

 

基本的には、あらゆるところの確認の徹底と危険察知能力をつかっていくことが安全に右左折していくためには大事ですし、少しでも危険を感じたらすぐに停まれる準備をしておくことが重要です。

 

 

また、右折の巻き込みの可能性も想定して意識しながら右折するだけでも、想定していないより安全な右折が可能ですので、おすすめです。

 

右折は、対向の直進車・左折車・右折車全てに気を使いつつ、まじわる道路の交通または横断歩道を渡る自転車や歩行者にも注意しないといけないなど、いろいろやらなければいけないことは多いですが、一つ一つの動作や確認をていねいに行って、とにかく、少しでも安全安心の右折をできるように心がけましょう。

 

 

あらためて、右折の巻き込み確認に気をつけるときについてのおさらいです・・・

・バイクが右側から追い越ししてきたとき
・狭い道で右折する際に自転車が右側にいるとき
・右折レースが2車線以上ある場合

 

バイクと自転車の動きは予想不能だと認識して運転することが大事です。

また、右折の際はご自身がどのラインを通っているかをつねに確認しながらするようにしましょう。

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転についてさまざまな情報をお届けします。よろしくおねがいします。

こちらの記事も、よろしければご覧ください。

交差点での右折の正しいタイミングとは?!
交差点での右折は、タイミングが難しいときがあります。正しいタイミングをしっかり理解して、安全にスムーズに右折できるようにしましょう。
右折を上手に曲がるコツとは?!【効果バツグン】
右折はタイミングや通るラインが難しいですが、コツをつかめば誰でも上手に右折することができます。ぜひ、ご自身も周りの交通の方も安全に走行できる右折ができるように努めましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください

 

 

 

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

ルール・マナー
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の34歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました