スポンサーリンク

交差点での右折の正しいタイミングとは?!

ルール・マナー

のっぴーです。

今回は、「交差点での右折の正しいタイミング」について、お話しして参ります。

 

その前に、軽く自分の経歴からお話しします。

自分は、10年間車の運転の仕事に携わっていて、仕事で年約4万キロ、プライベートで年約2万キロの計6万キロを年間で走行しています。

これは、地球約1.5周分の長さになります。

 

そんな自分が、運転や交通に関する情報をみなさんにお伝えすることにより、少しでもみなさんのお役に立てばと思い、記事をまとめております。

 

 

交差点は、車だけでなくさまざまな交通の方々がいきかう場所で、大変危険の多い場所でもあります。

そのため、交差点を安全に通行するためには、さまざまなことに気をつける必要があります。

 

特に、右折の場合は対向の直進車や左折車、右折車にも気をつかわないといけないため、かなり大変です。

とはいえ、運転していて右折しないわけにもいかないので、しっかり安全に行わなければいけません。

 

 

右折は気をつけるべきところがあるのと同時にタイミングが重要となります。

正しい右折のタイミングで曲がることができれば、どのような交差点でもスムーズに右折することができます。

 

のっぴー
のっぴー

正しい右折のタイミングを身につけて、安全で快適な運転をめざしていきましょう。

 

 

 

交差点での右折の正しいタイミングとは?!

左側通行が主流の日本の道路において、交差点での右折は、優先順位が直進車や左折車にくらべて低くなっているため、基本的には対向の直進車や左折車が交通を通過した後に、通行することになります。

 

そのため、交差点での待ち時間が長くなりやすいため、時間を待つのにイライラして危険なタイミングで曲がってしまう車をよくみかけます。

 

 

悪いタイミングで右折してしまうと、対向の直進車や左折車だけでなくバイクや自動車、歩行者にもご迷惑をおかけする可能性がありますので、気をつけたいところです。

 

しっかり正しい右折のタイミングを理解して実践して、みなさんが安全に交差点を利用できるように努めていきましょう。

 

 

交差点での正しい右折のタイミングがこちらです・・・

・信号が青信号または右折の矢印信号が出ているとき
・対向の直進車と左折車がきていないときに曲がる
・横断歩道で歩行者や自転車が渡っていたら、手前で停止して通過するのを待つ

 

右折しはじめから交差点を通行し終わるまで、あらゆる危険がひそんでいますので、細心の注意を払って、右折するようにしましょう。

 

のっぴー
のっぴー

1つずつ、詳しく解説をしていきます。

「右折を上手に曲がるコツ」や「交差点で右折時の待つ場所」、「右折の巻き込み確認で気をつけるべきとき」についての記事も、よろしければご覧ください。

右折を上手に曲がるコツとは?!【効果バツグン】
右折はタイミングや通るラインが難しいですが、コツをつかめば誰でも上手に右折することができます。ぜひ、ご自身も周りの交通の方も安全に走行できる右折ができるように努めましょう。
交差点で右折時の待つ場所とは?!
交差点の右折の際の待つ場所によって、周りの交通のスムーズさが変わります。周囲が安全にスムーズに通行できるように、正しい位置で右折待ちをするようにしましょう。
右折の巻き込み確認で気をつけるべきときとは?!
実は、右折の際も巻き込みに注意しなくてはいけません。右折の巻き込み確認で気をつけるときを認識して、安全にスムーズに右折しましょう。

 

 

 

信号が青信号または右折の矢印信号が出ているとき

まずは、信号をしっかり確認することが大事になります。

「そりゃそうだろ」と思うかもしれませんが、信号の見落としによる信号無視は意外と多いんです。

 

特に、右折時に信号の見落としによる信号無視をしてしまうと、他の交通に多大なる悪影響を与えてしまい、危険をおよぼすこともあり得ます。

 

 

右折車が、通行可能になるのは信号が青信号の時か右折の矢印信号がでている場合となります。

信号をしっかりみて、いずれかが表示されている際に通行するようにしましょう。

 

たまに信号が変わる直前に、待ちきれないで発進しはじめる、いわゆる見切り発進をされる方がいらっしゃいますが、見切り発進は危険ですし、交通マナーとしてもよくないためいけない行為です。

 

 

しっかり信号をみて、周囲の安全を確認してから落ちついて右折を開始するようにすれば、安全に交差点に進入することができますので、意識してやっていきましょう。

 

・信号をしっかり確認することが大事になります。
・右折車が、通行可能になるのは信号が青信号の時か右折の矢印信号がでている場合となります。
・しっかり信号をみて、周囲の安全を確認してから落ちついて右折を開始するようにすれば、安全に交差点に進入することができますので、意識してやっていきましょう。

 

 

 

対向の直進車と左折車がきていないときに曲がる

右折は、直進と左折にくらべて優先順位が低くなっています。

そのため、対向の直進車や左折車が通りすぎてから、右折することがルールとなります。

 

というわけで、対向の直進車と左折車がきていないタイミングで曲がるのがベストなのですが、交差点によってはこれがなかなか難しかったりします。

 

 

交通量の多い交差点の場合、直進や左折が途切れずに断続的にくることがほとんどのため、なかなか右折のタイミングがおとずれないこともあります。

幹線道路から右折する際は、そのような状況がよく起こります。

 

そうすると、待つ時間が長くなるためだんだんイライラしはじめてきて、直進車や左折車の前を強引に入って右折してしまうことが生じてしまうのです。

強引な運転なため、当然危険ですし、周りの方々にとっても迷惑となってしまいます。

 

 

それを避けるためにも、対向の直進車や左折車がきていない安全なタイミングで曲がるようにしましょう。

焦ったりイライラする気もちもわかりますが、右折で待つ時間は思ったよりも短いことが多いので、冷静に落ちついて対応することが大事です。

 

・対向の直進車や左折車が通りすぎてから、右折することがルールとなります。
・交通量の多い交差点の場合、直進や左折が途切れずに断続的にくることがほとんどのため、なかなか右折のタイミングがおとずれないこともあります。
・待つ時間が長いとイライラする気もちもわかりますが、右折で待つ時間は思ったよりも短いことが多いので、冷静に落ちついて対応することが大事です。

 

 

 

横断歩道で歩行者や自転車が渡っていたら、手前で停止して通過するのを待つ

右折では、ほとんどの場合最後に横断歩道を通過することになります。

横断歩道は、歩行者や自転車の方々が利用しています。

 

もし、横断歩道に差しかかった際にちょうど歩行者や自転車が渡っていたら、渡り終わるまで、横断歩道の手前で停止して待つ必要があります。

 

 

横断歩道では、歩行者や自転車が優先になります。

たまに、歩行者や自転車の前をすごい速度で通過していく車をみかけますが、大変危険ですし、歩行者や自転車の方々に危ない思いをされてしまうので、ほんとによろしくありません。

 

また、最近は歩行者妨害と呼ばれる違反の取り締まりも強化されており、横断歩道を渡っている歩行者や自転車の前を通過すると、違反で検挙される可能性もあるので注意が必要です。

 

 

違反があるなしにも関わらず、歩行者や自転車の安全を確保することも、車を運転する者の義務となりますので、横断歩道の手前ではしっかり左右の確認をして、歩行者や自転車がきていないタイミングで渡るようにおねがいします。

 

・横断歩道に差しかかった際にちょうど歩行者や自転車が渡っていたら、渡り終わるまで、横断歩道の手前で停止して待つ必要があります。
・歩行者や自転車の前をすごい速度で通過していく車をみかけますが、ほんとによろしくない行為です。
・横断歩道の手前ではしっかり左右の確認をして、歩行者や自転車がきていないタイミングで渡るようにおねがいします。

 

 

 

交差点をより安全に通行するために、足元をしっかり固めましょう

交差点をより安全にスムーズに通行するためには、足元をしっかりすることも大事です。

車でいう足元とは、タイヤのことになります。タイヤは、数ある車の部品のなかでも重要な部品となり、しっかりしたタイヤをはくことにより安定した走行が実現できるため、交差点の安定感もより増します。

 

タイヤは消耗品のため、こまめなメンテナンスと早めの交換を心がけるようにしましょう。

 

 

 

私がおすすめするタイヤは2種類!

最近、各タイヤメーカー様がさまざまなタイヤを販売しておりますが、そのなかで私がおすすめしたいのが、ブリヂストン様の「REGNO GR-XⅡ」「Playz PXⅡ」です。

 

「REGNO GR-XⅡ」は、タイヤシェア国内NO.1のブリヂストン様のなかでも最高性能のタイヤで、特にハンドルの応答性が高いため右左折やカーブ、車線変更での走行が安定します。

 

さらに、走行音が静かで段差などからの衝撃を軽減する特徴もあり、そのうえ低燃費とすべての項目において高い水準をほこるタイヤです。

 

 

通勤・通学やご近所への買い物が多い方におすすめのタイヤです。

 

(車種やグレードによってタイヤのサイズがことなりますので、ご自身の車のタイヤサイズを調べたうえで、適合するサイズを選んで購入をおねがいします。)

 

 

「Playz PXⅡ」もタイヤシェア国内NO.1のブリヂストン様より販売されているタイヤで、運転中の疲れにくさや雨などの悪天候の影響を受けにくいことに特化した高性能タイヤです。

 

濡れた路面でも、しっかり曲がれてしっかり停まれるため交差点での走行がより安定します。
さらに、低燃費で丈夫で長持ちするのも特徴です。

 

高速道路の走行が多い方や、長距離の運転をよくされる方におすすめのタイヤです。

 

(車種やグレードによってタイヤのサイズがことなりますので、ご自身の車のタイヤサイズを調べたうえで、適合するサイズを選んで購入をおねがいします。)

 

 

 

ご自身の車にあわせてピッタリのタイヤをかんたんに検索・購入・交換予約ができる「TIREHOOD(タイヤフッド)」様もおすすめ

運転のしかたやスタイルは人それぞれ、タイヤ購入や交換のしかたも人それぞれ。

 

 

自分にとってどのようなタイヤがいいかわからない
自分の車種にあうタイヤがどれかわからない
タイヤを購入するのはいいとして、交換の予約もあわせておねがいしたい

 

という方には、タイヤ販売サイトの「TIREHOOD(タイヤフッド)」様がおすすめです。

 

「TIREHOOD(タイヤフッド)」様なら、ご自身の車の車種を入力するだけで、その車種にあうタイヤのなかからおすすめのタイヤが表示されるため、かんたんにご自身にピッタリのタイヤを選ぶことができます。

 

 

さらに、大手カー用品店の「オートバックス」様と提携されているため、全国のオートバックスでのタイヤ交換の予約を同時にすることもできます。

 

その他、全国約4800店舗のお店でタイヤの交換が予約可能です。

 

 

タイヤ選びや交換場所にお困りの方は、ぜひ「TIREHOOD(タイヤフッド)」様をご利用ください!

 

「TIREHOOD(タイヤフッド)」様のホームページはこちらになります。
ご自身にピッタリのタイヤをみつけて、よりよい運転ライフを送りましょう!
TIREHOOD|タイヤフッド

 

 

さいごに

右折のタイミングは、直進や左折よりも難しく、対向の直進車と左折車が途切れないといけないため、待つ時間も長くなります。

それゆえに、曲がるタイミングはほんとに重要です。

 

とはいえ、曲がるタイミングはいつかおとずれますし、最近は大きな交差点では、右折の矢印信号がでるところも増えてきたので、だんだん右折しやすい環境が整ってきました。

 

 

基本的には、周囲の安全確認と周りの方々への思いやりと配慮をもって運転していれば、右折も正しいタイミングですることができますので、意識していただければと思います。

 

あとは、とにかく繰りかえし右折して経験を積んでいくことが大事になりますので、どんどんチャレンジしていきましょう。

 

 

あらためて、右折の正しいタイミングのおさらいです・・・

・信号が青信号または右折の矢印信号が出ているとき
・対向の直進車と左折車がきていないときに曲がる
・横断歩道で歩行者や自転車が渡っていたら、手前で停止して通過するのを待つ

 

なんといっても、対向の直進車と左折車とのかねあいが一番大変ではありますが、ゆっくり落ちついて対応すれば、正しいタイミングが右折ができますので、ぜひやっていきましょう。

 

のっぴー
のっぴー

今後も、運転についてさまざまな情報をお届けします。よろしくおねがいします。

こちらの記事も、よろしければご覧ください。

右折を上手に曲がるコツとは?!【効果バツグン】
右折はタイミングや通るラインが難しいですが、コツをつかめば誰でも上手に右折することができます。ぜひ、ご自身も周りの交通の方も安全に走行できる右折ができるように努めましょう。
交差点の安全確認で徹底することとは?!【安全・安心を確保しましょう】
交差点には、危険がいっぱいおります。そのため、確認になければいけないことがいっぱいあります。労力と神経をかなり使いますが確認を徹底して、安全安心な運転をめざしましょう。
右折の巻き込み確認で気をつけるべきときとは?!
実は、右折の際も巻き込みに注意しなくてはいけません。右折の巻き込み確認で気をつけるときを認識して、安全にスムーズに右折しましょう。

 

ツイッターもやっています、ぜひご覧ください。

 

タイヤは消耗品のため、こまめなメンテナンスと早めの交換を心がけるようにしましょう。

 

(車種やグレードによってタイヤのサイズがことなりますので、ご自身の車のタイヤサイズを調べたうえで、適合するサイズを選んで購入をおねがいします。)

 

ご自身の運転スタイルにあうタイヤやご自身の車のタイヤサイズがわからないという方は、「TIREHOOD(タイヤフッド)」様がおすすめ

TIREHOOD|タイヤフッド

こちらにクリックして、応援よろしくおねがいします

にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ

ルール・マナー
のっぴーをフォローする
のっぴー

のっぴーです、山梨出身の35歳です。

東京で10年間運転の仕事に携わっており、またプライベートでも12年間運転しております。現在、仕事で年約4万キロプライベートで年約2万キロの、計約6万キロを年間で走行しております。

自分がいままで運転で得た知識や経験を発信することにより、自動車教習所よりもわかりやすく、実用的で効果のある運転方法をお伝えするというコンセプトのもと、運転ブログを運営しております。

テーマは、「運転と情報を楽しもう」です!よろしくおねがいします。

のっぴーをフォローする
のっぴードライブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました